【水星逆行中】伝え方を考える

会話をしていると・・・

あー、この人 人の話 聞いてるのかなー?って人
いますよね?( ̄▽ ̄)

私の言ったことを 受け止める キャパがないんだろうか?とか
その前に話をしていた〇〇さんの話、
まったく抜けてるやん!とか

まー、あるある ですよね?( ̄▽ ̄)

まー、関西のノリなら、
「まったく △△は話 聞かへんな」って ツッコめるけど
よそさんでは、そんな事言ったら 角が立つ。

ここで、不機嫌に受け答えをしてしまうと
関係って悪化してしまいます。
そもそも 相手に伝えたい事も伝えられず
状況も変わらず。。。。
物事は停滞 いや、悪化する一方になる。。。。

で。。。ドツボにハマってしまう。。。

誰もが、ドツボにはハマりたくないですよね?
そうなる前に どうするか?

相手に伝える時(相手が聞いていなかった事を再度伝える時)
ごめんなさいね、私の伝え方が悪かったです。
私は「~なこと」を聞きたかったのです。 と

このような言い回しを使うと、「話を聞かない人」も
あ、そうだったのか?!と気づいてくれる(可能性が増えます)

すぐに使えるのは このようなテクニック

「話を聞かない人」と継続的に接するのであれば
ちょっと その人を観察してみましょうか?

話を聞かない人、話が聞けない人は
「自分のこと」でいっぱいいっぱいになっている人が
多いものです。
自分がなんとかしないと!とか
どこに助けを求めたらいいか分からないとか

たいてい 頭の中が交通渋滞になっています。
つまり情報が処理されていない状態ね。

状況が整理されていないから、あわててしまって
ひっちゃかめっちゃか になってる。

散らかった部屋で 探している鍵が見つからないのと同じね。

その状態を想像した上で、少しずつ伝える
そして、その人の脳みその交通状態を整理できるような
「最適な質問」をしてあげる

この「最適な質問」は、その人をしっかりと観察しておかないと
できないものだけど。

思春期の子供の場合は、ちょっと違うけど。
また 別の記事でお届けしますね♪

Skype電話鑑定、メール詳細鑑定のお申込みはいつでも♪
  

  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク