スマイル伝播組の名前の意味は・・・

❁スマイル伝播組。
これが私たちのグループ名です。
他のグループ名を見ても分かりますが、なんだか変わった名前だなぁと思われますか?

2018年は実践の年として始まりました。
小グループは、学びを実践に活かす場として作られました。

集ったメンバーで、このグループをどのように作っていきたいか。
それを名前の意味に込めます。
名は体を表す、という言葉があるように、グループ活動は、グループ名の意味に沿ったものになるので、名前は重要です。

私たちも「柔軟心」や「サザエ」などたくさんの案を出しましたが、最終的にはみんなの総意で【スマイル伝播組】に決まりました。

私たちが望んだことは、『周りの人、その先にいる人たちに笑顔になってもらうためにお役に立とう』ということです。

すぐその場でお礼を言ってもらうわけでも、
ただ笑っていればいいわけではなく、その人が困っているときにどれだけ手助けして支えになれるか、そのためには、その人に有益でなくてはならないわけで

その有益になる言動って、先ずは自分の中に有益になる選択肢がないと、ただの励ましで終わります。

自分で気付きを沢山得て、相手に提供して心から笑顔が出てくれたら、最後は自分としての喜びになるなと考えてます。

ただ、あまりにもせっぱ詰まってギシギシした環境であっては、気づくどころか笑顔になることもないので、

ノンストレスの環境を作って固定概念や、既成概念で考えないように、ものごとが柔軟に見てとれる気付きを得る環境りにも繋がるのが「笑顔」だなというものも1点含んでいます。

いい意味で自分も、相手も「笑顔になるために」笑顔のいい連鎖をつくりたいという考えがありまして、

相手の笑顔から
→その先の笑顔に繋ぎ
→そしていい報告を受けたときに、最後自分も「笑顔に」、そんな連鎖を生み出せればと思っております。

メンバー見ても、周りのために動こうという姿勢が出てきて、自然と配慮が出ていていえ~ その根本には、やっぱり【笑顔】があり、みなさまに伝播してるというところも感じられてきました。

毎日のグループ活動で言うと、相手の笑顔をちゃんと想像してLINEを返しています。
そういうところでもいい連鎖を生む笑顔を、これからもずっと伝播させていこうというグループの想いを込めて、スタートしました。