【星読み入門_1】バースチャートをつくる

2018年のあなたの運命!大好評♪昇運レター♪
星からのメッセージをいかに自分の人生に活かすか?
価格はリーズナブル♪PDFでお届けします。
あなただけの一言メッセージ「一言斬り」も(怖くないですよw)
詳細はコチラ

今日から 星読み入門の記事を綴っていこうと思います。

占い師になるわけじゃないけど、自分で星読みができるようになれたら

いいなぁって思っている方や、今のお仕事のプラスα・・・

エステやマッサージを行っている人

保険などの営業をされている人

また 家族や子育てをしていく中で 星読みを役立てたい人。。。に


星読みを行う時に。。。。

まずは 生年月日 生まれた時間が必要になります。

生まれた時間はお母様に確認していたくか

確実に分かるのが母子手帳に記されているもの。

生年月日がわからない人は、正午で設定します。


じゃあ、昔の人はどうしてのでしょうか?

昔は今のように 生まれた時間はおろか

生まれた日さえも わからない。。。という事も多かったでしょう。

なので。。。生年月日や生まれた時間があやふやな時には

占いに来た「その時」で占っていたのです。

ホラリー占星術というのですが

行方不明な人や、なくしたものを探す時なんかにも

今でも使われています。

でも少しマイナーかな?

私自身も まだまだ検証中です。

ちょっとした どこに置き忘れたかな?というものを

探す時に 参考にしています。

眼鏡とか 手袋とか アクセサリーとか。。。

小さいものを 忘れてしまう事が多いです。。。(汗)


横道に逸れたので、本題に戻しますね。

本来ならば。。。。西洋占星術の暦で チャートに書き込んでいきます。

今は、スマホやタブレットならアプリもありますし

WEBサイトでも 無料で 星の位置を出してくれるところもあります。

WEBサイトならば コチラがお勧めかもしれません。

MyAstroChart ホロスコープ作成

『西洋占星術 ホロスコープ作成』で検索してみると

ご自身の好みのものがあるかと思います。

東洋では 四柱推命で 60パターンあります。

東洋は太陰暦、西洋は太陽暦ですから

それぞれの導き出し方が違うところはありますし

表現の仕方なども 文化の違いにより変わってきます。


占いたい時には。。。

バースチャートを作成する

1.生年月日、生まれた時間

2.生まれた時間がわからない時は正午で設定

生まれた時間が違うと。。。月の位置が変わってきます。

実際にバースチャートを出してみて

相手の観察してから 生まれた時間を想定するといいかもしれません。

想定する上では、相手をしっかりと理解しておく事が必要です。

相手のことを しっかりと 観察しておくのも

星読みする上で 大切なことです。

リアルな人を観察して バースチャートで

星読みの検証をして

自信をつけていくと。。。

会った事のない人や初めてあった人にでも

自信をもって 星読みを伝える事が出来ます^^

Skype電話鑑定、メール詳細鑑定のお申込みはいつでも♪
  

  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク