【星読み入門_4】2つの要素_男性宮と女性宮

2018年のあなたの運命!大好評♪昇運レター♪
星からのメッセージをいかに自分の人生に活かすか?
価格はリーズナブル♪PDFでお届けします。
あなただけの一言メッセージ「一言斬り」も(怖くないですよw)
詳細はコチラ

ホロスコープを出したら。。。

まず 気になっている事を知りたい!と思われるのは当然ですよね^^

普段の生活の中でも、いろんな人を観察しながら

あの人とあの人は 水と油だから 合わないとか

あの人とあの人は 2人共優しいから 気が合うんじゃないかな?とか

そんな風に 観察したりしますよね。

それを、星で改めて 見ていく事になります。

まずは。。。基本を抑えましょう。

星座ごとに 特徴を把握していく その1

占星術では星座の区分けをする際に「宮」という表現が出てきます。

これは、元々占星術が古代メソポタミアが起源で

星占を取り仕切っていたのが神官であったため、「宮」という名前で

設定されたといわれています。そのまま「宮」という表現でいきますね。

2つに分ける:男性宮、女性宮

中国思想でも陰と陽がありますし、

光と影あり、N極とS極があり、男性と女性がいて

精神面でも 主観と客観があります。

占星術でもその基本的な原理として2つのグループに分けられています。

<男性宮:陽の宮> おひつじ座 ふたご座 しし座 てんびん座 いて座 みずがめ座

陽の宮は能動的で自己表現的な性質を持ちます。

男性原理に基づくので、言語、理性、思考、意味、論理、行為、

合理的秩序の世界、左脳、男性的な世界、表層意識が優位となります。

<女性宮:陰の宮> おうし座 かに座 おとめ座 さそり座 やぎ座 うお座

陰の宮は受容的で自己抑制的な性質を持ちます。

女性原理に基づくので、感情、イメージ、調和、芸術、愛の原理、

関係づけの原理、右脳、潜在意識が優位となります。

あなたのバースチャート 見て観てください。

バースチャートで。。。

太陽、月、水星、火星、金星

木星、土星、天王星、海王星、冥王星

とありますよね。

これで、、、あなたのバースチャート どちらが多くなりましたか?

例えば。。。。北野武監督で見て観ると。。。

北野武さんは東京生まれなので、生まれたのは東京

生まれた時間はわからないので、正午で設定しています。

太陽 やぎ座 木星 さそり座
いて座 土星 しし座
水星 やぎ座 天王星 ふたご座
金星 いて座 海王星 てんびん座
火星 やぎ座 冥王星 しし座

これを男性宮と女性宮で分けてみると

男性宮 月:いて座 金星:いて座 土星:しし座 天王星:ふたご座

海王星:てんびん座 冥王星:しし座

女性宮 太陽:やぎ座 水星:やぎ座 火星:やぎ座

ちなみに。。。

木星、土星、天王星、海王星、冥王星

これらの惑星は 動きが遅いので、「世代の星」とも言われています。

例えば、団塊の世代とかゆとり世代とかありますよね?そんなイメージで捉えてください。

性格を司るのは 太陽、月、水星、金星、火星になります。

これを元に 北野武監督を分析してみると。。。

性格を司る星 男性宮が2つ 女性宮が3つ。

少し女性宮よりですが、バランスが取れている方です。

女性宮が多いので。。。

女性原理に基づくので、感情、イメージ、調和、芸術、愛の原理、 関係づけの原理、右脳、潜在意識が優位となります。

最初はお笑いからでしたが、映画に込めているメッセージなどを考えると納得です。

また世代の星が 男性宮で占められています。

言語、理性、思考、意味、論理、行為、 合理的秩序の世界、左脳、男性的な世界、表層意識が優位となり

とあり。。。戦後の立ち上がりから高度成長期へと進んでいく時代。

男性宮が時代を支配している時ですから、まさに イケイケドンドン、

モーレツサラリーマン なんて言葉が流行るのも なるほど!という感じです。

もちろん、北野監督だけでなく この時代に生まれた方に共通することですが

時代の流れがどうなのか?それに合わせて どのような立ち位置で

動いていくといいのか?もしくはどのようにしていくと、うまく波に乗れたのか?

北野武さんは 最初は漫才ブームで お笑いから始まり。。。。

映画デビューしたのが1989年(この時は俳優として『その男、凶暴につき』主役をされておられます)

その後の活躍は。。。皆様もご存知のとおりです。

2パターンの性質を抑えた上で、バースチャートを読み解くだけでも

いろんな事が見えてくるので 面白いでしょう?

あなたのバースチャートの分析、また家族や周囲のお友達のバースチャートで

色々な視点でチェックしてみてくださいね^^

Skype電話鑑定、メール詳細鑑定のお申込みはいつでも♪
  

  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク