【星読み入門_14】太陽星座の意味を理解する てんびん座~うお座

2018年のあなたの運命!大好評♪昇運レター♪
星からのメッセージをいかに自分の人生に活かすか?
価格はリーズナブル♪PDFでお届けします。
あなただけの一言メッセージ「一言斬り」も(怖くないですよw)
詳細はコチラ

太陽星座の意味。。。続きです。

てんびん座

社交的で礼儀正しく品性を大切にします。

ベッタリお話するのではなく、

「あ、めんどくさくなりそう」な時にはスッーと引けるスマートさがあり

理性と感情のバランスが取れている人が多いです。

自己表現を司る太陽が、人との調和を取るてんびん座にあると

自分をどう表現すべきか?という壁にぶち当たってしまいます。

本当はこうしたいんだけど、周囲はこうしてほしい。。。このバランスを

どうするか?が鍵となってくるでしょう。

美しいものが好きで優雅なんだけど、優柔不断が欠点。

そつのなさから、楽しているようにみえる事も。

本来の「品位」、人としてどうあるべきか?を意識するといいかもしれません。

さそり座

感情の深さと激しさでは、12星座ナンバー1!

表には出さないけれど、強い目的意識、集中力、忍耐力があります。

その激しく熱い感情を表に出さない秘密主義。

何を考えているかわからない

存在感はあるけど とっつきにくい そんな印象を与えます。

研究心や探求心はとても旺盛で、人の深層心理や物事や出来事の核心を

見通す洞察力も優れています。その分。。。人を信じない、猜疑心が強い傾向が。

信じないけど、寂しがり屋さん。心を許すと、とことん許す。

でも裏切ったら。。。わかってるよね?という感じです。やっぱり怖いかも?

いて座

陽気で楽天的、理想家で未来に対して 超ポジティブな人です。

快楽主義のようにみえますが、本質的には深遠なテーマを追求している人です。

哲学や宗教、旅など、、、イメージはやっぱり「深くて遠い」感じなのです。

またスポーツが得意な人が多いことも。スポーツはしていなくても

体格的にスポーツマンタイプの人もいます。とっても明るい人なのですが

ともすると、現実離れしてしまい無責任と思われてしまう事も。

じっとしていられないという、一つの事を継続的に行うのが苦手です。

自分の苦手な事を把握した上で、行動するようにするといいでしょう。

やぎ座

とても倫理観が強い星座です。責任感が強く、とても真面目です。

社会的評価がとても気になり、成果第一主義。こだわりも強い人です。

とてもストイックで、目標のためには、本当にコツコツと努力を積み重ねます。

まさに臥薪嘗胆な人。ムダが嫌いで、孤独にも強い事もあげられます。

人に厳しすぎたり、悲観的な考えに偏りすぎる場合も。

周囲にそのあたりをフォローしてくれる人をそばにいてもらったり

悲観的な考えをリスク管理として変換し 生産性を持たせるようにすると

周囲の役に立てるようになれますよ

みずがめ座

自由で個性的な事を追求したい!友好的だけど、クール。それがみずがめ座です。

人それぞれの個性を尊重して、自分だけでなく、

いろんな人がいるからこそ!という発想の人です。

ただ、考え方は論理的だったり 理屈をこねているように感じる場合も。

理由がわからないと、とことん追求するタイプだったりします。

独創的なところもあるので、変わり者だと思われる場合も?

人それぞれ自由でいいんだ!というところから団体行動が苦手。

お金や名誉よりも 精神の自由を尊重します。

ほどよく周囲との協調性をとって、足元もしっかりと見ると運は好転します。

うお座

ロマンチックな優しい人が多いです。

他人の気持ちを自分の事のように感じられる人です。

人の影響も受けやすいのも特徴です。

なので 付き合う人は選ばないと、ちょっと大変です。

純粋なものに憧れながら、意志が弱いので

金銭感覚がルーズになりがち。

現実逃避をしないで、現実をみる事を意識するか、

そのような事を伝えてくれる人がそばにいるといいですね。

Skype電話鑑定、メール詳細鑑定のお申込みはいつでも♪
  

  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク