選択の理論

選択の理論

①自制できるのは自分だけ

②与えられるのは情報だけ

選択理論は、すべての行動は自らの選択であると考える心理学です。

行動を選択できるのは自分だけなので、他人に行動を直接選択させることはできません。

そのため、問題が発生した時には、相手を受け入れ、交渉することで解決します。
その結果、良好な人間関係を築くことができます。

従来の心理学(外的コントロール心理学)では、人間の行動は外部からの刺激に対する反応であると考えられてきました。

そのため、問題が発生したときには怒る、罰を与えるなどの強い刺激を与えることで、相手を思い通り動かして解決しようとします。

しかし、その結果人間関係は破壊されてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です