星でみる気を付けたい病気 その2

星から昇運をもらう

今日はzoom鑑定でした。リピーター様で海外展開もされている社長さん。

その会社の社員さんともお付き合いがあるのですが、社員さんからみたら

社長は秘密主義。セッションの時に色々とお話いただくことで

整理されているようです。

次のzoom鑑定は11月9日の土曜日です♪ →詳細はコチラ

 

さて。。。昨日の続き 月星座からみる 気を付けたい病気のお話。

月がおとめ座 

月がおとめ座の人は、太陽星座がおとめ座の人以上に心遣いの人。

よく人をみていて、その上で動く。細かい事も得意。。。となると。。。

この人の弱点は、消化器系。神経を使うからストレスを使う→それが第二の脳と言われる

腸に影響する。。。という事。気を付けたい病気は消化器系疾患。

潰瘍や消化器系の癌などに注意したいものです。

月がてんびん座

月がてんびん座の人は、コミュニケーション能力がとても高い人です。

バランス感覚が優れているので、周囲からみて、自分がどう振る舞うべきかを考えます。

それにプラスして 外見にも気を使う。。。人の見た目が大きく影響することを体感しているから。

気を使けたい病気は、体重増加とか腎臓関連。人とのお付き合いの際に

どうしても飲食が絡む事が多くなるから。上手にお断りが出来るといいのだけどね。。。

月がさそり座

月がさそり座の人は、鋭い洞察力があること。最初は何を考えているかわからないと思われる事も。

義理堅い分、根に持つ事も。。。そんな根に持つ。。。的な流れから、体調を崩す際には

泌尿器系、性器関連の病気が 人の陰の気がたまりやすいところがダメージを受けやすいようです。

体調管理の際には、何よりもメンタル面の管理がいいかもしれません。

月がいて座

月がいて座の人は、体格がしっかりしてる人が多いです。

背が高かったり、骨格がしっかりしていたり。

それを活かすためにスポーツをしている場合も多いです。

性格的には自由と変化、スピードを求める。。。人なので

その分 ケガをしやすい傾向があります。あと肝臓の病気も注意したいところです。

 

残りの星座はまた明日に♪

タイトルとURLをコピーしました