2020年あなたの運命昇運レター&子ども版星読みバースデーチャート 受付中です!
お申込みはコチラ

いつも何か起きるのが12月なの

仕事の悩み

女性経営者の方とお話をしていて、

「いつも何かが始まるのが12月なのよね」と。

過去に彼女が数々立ち上げてきたものが、スタートが12月であることが多いとの事でした。

縁のあった方とのはじまりも12月。

その方のホロスコープを確認してみると

いて座に火星があり、第10ハウスのカプスもいて座。(第10ハウスはいて座)

ここに、太陽が入る12月は、社会性であったり アクティブに動く時期になっておられるのだと。

 

第10ハウスのカプスはMCともいわれ 天職であったり、この世で成し遂げようとすることという意味合いもあります。

彼女の場合は、いて座にあるので、とても理想的な社会を作ろうとします。

キーワードは出版、海外、精神世界、知識を広く伝える などなど。

実際に この女性経営者の方もそのような方向性を考えておられたので、

星での裏付けをお伝えし、だからこそ、「この時期に作り上げましょう!」と。

より気持ちを強くお持ちになり お仕事に向かわれました。

 

占いって 知ってどうするの?ではなく

1.方向性を確認し

2.(方向性が一致していたら)それに向かって何をするのか?を決めて

3.逆算してスケジュールを固める

そんな流れでしょうか?

※第10ハウス などがわかるのは、生まれた時間が分かっていると正確に出すことができます。

もちろん、不明な場合でも 性格やご自身の運勢を司る星 5つの惑星で

見ていきますので ピンポイントな運勢が分かります♪

受付開始まで今しばらくお待ちくださいませ。

タイトルとURLをコピーしました