あなたの商品に如何にストーリーをつくるのか?

仕事の悩み

風の時代は物質的価値よりも、目に見えないモノに対する価値観が重視されていく時代になっていきます。ということは、今後、IT業界のようなさらに伸びていく業界がある反面、その逆の業界もあります。物質的な価値を提供されてきた業界の方は、この先どうしていくべきか?不安を抱えておられるのではないかと思います。

だだし、ちょっと視点を変える事で、お客様と長くお付き合いが出来る関係性を築いていく事も可能です。こちらの記事でも書いておりますが、大切なのは、誰が伝えている情報なのか?という事。

例えば、ブランド品であったり宝飾品に対して、商品としての魅力だけでは、お買い求めされる方は少なくなっていくかもしれません。これからの時代の消費者が心惹かれるのはその商品についてのストーリー。

お客様がなぜその商品をお買い求めになりたいと思うのか、どんな想いがある?どんな背景がある?どんな歴史がある?その商品を手に取ったり、目にしたりすることで、それらのストーリーが思い出されるならば、その商品は何よりもお客様の大切なものとなるでしょう。

モノを持たなくなる時代だからこそ、なぜそのモノを持つのか?をより厳選していく事が必要となりますが、お客様と、あなたがお届けされている商品の間にあるストーリーが、あなたとお客様を繋ぐ大切な絆となっていくはずです。

そして、お客様との絆だけでなく、お仕事とされる取引先も、今まででは考えもつかなかったところとの一緒にサービスを提供していく事も出てくるかもしれません。

あなたのお持ちの商品をより、まだ出会った事のないお客様に届けるために、あなた自身が頭を柔軟にして様々な方とお話をすることは、きっと今までとは違ったビジネスモデルを作るキッカケとなることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました