【勉強会・LINE講義の振り返り】一生に一度くらい死ぬ程のことをやれ!

塾生のテルさんの明文化をご紹介いたします。

トシ先生より

自己資産の運用はとても大切なことであり、全ての選択の権利の行使に結びつく


🔴勉強会、line講義の振り返り
10/ 19 勉強会より

【一生に一度くらい死ぬ程のことをやれ!】

経営をして、死ぬ思いでやるくらいの士気がないと将来はあるはずがない。

苦しみもがいて地団駄を踏んでやらんことには、、
絶対に大きくなる事はない。

それは何でか、、
→周りが認めないからである。

先生が、自分の中で最大のリスクだと思っているのは、
周りがどのように評価してくれるのかという事である。

ええ時は、「ええよええよ。」と言ってくれるが、
何かでこけた時に、、
手の平を返したように責め立てる。。

そこの社長と入魂であったとしても、、
そんなものは何も関係ない。

【己かわいさ】

【昨日の味方は今日の敵】
平気でそうなる。
それは世の中の常である。

絶対に理解しておかないといけない。

周りの人から、、
【あいつはどんなことがあっても絶対に蘇ってくる強い奴や】
と思われていると、

→見捨てられることはない。

金の世界は簡単な世界ではない。
周りの人の評価はもっとドラスティックな世界である。

【周りがどういう風に自分を捉えるか」
ということを常に意識していないといけない。
→脇が開くとそこからつけ込まれる。

先生の会社では
一事業を起こす時、、
会社全体、グループ全体で捉える。
→当然、自分達で一から十まで組み立ててやる。

これまで新規事業に失敗した事はない。
厳しい新規時事業でも達成してきた。

それは何でか、、
→社員がその気運を持っているからである。

小さい組織で適当なことをしていてはうまくはいかない。
社員が、こんなもんやと思い始める。
→新しいことをする時に誰も何も出来ない。

気持ちの中でマイナスを与えていく、、
→それは経営者が悪い。

【生みの苦しみを知らない奴が育ての苦しみを知るはずがない。】

一つの事業を立ち上げて大きくすることがどれだけ大変なことか、、

もっと大事なことは、、
恒久的に続かなければならない。。

会社をやっている。
→常に脇を締めるべきである。

ルールを決めてルールの範囲以外のことは逸脱してはいけない。

先生の会社の社内ルール、、
何かをする時にコネを使うは絶対しない。
間違いなく自分たちで拓く道を模索する。
→そうしていかないと社員の士気が下がる。
いざという時に動けなくなる。

それは怖いことである。

創業家、、
会社の憲法を決める。
絶対権力である、と社員は知っている。
しかし、、創業家が一番働く。
なおかつ遊びもしない。
自分の趣味では行かない。全部用事や仕事に関わる。

創業家の立ち位置を明確にする。

ある日突然上場を廃止した。。
それを聞いた下の連中は悔しかっただろう、、
ここまで頑張って上場まで持ってきてあと3ヶ月もしたら申請期に入れる、、
野村證券から合格点をもらい、最近の中でも最大の上場であるであろうと思われていた。

お子さんが生まれて上場を辞められた。。

その時、社員さんは、、

【ここで辞めたことは、将来の自分たちに関わる選択肢が変わったのであろう、、】
と思っただけであった。

ここまで頑張ったことは良かったということで本人達は納得した。
→先生はその勢いを捨てさせたくなかった。

グループ全部で上場できる体制をとり、12年間でほぼ上場ができる体制ができた。

今まで続いてきている。。
それは士気を落とさないため。。

自分たちの前に立ちはだかる壁は潰すのが早い。

もっと言えば、、
【壁になる人を作らなければ良い。】
ということである。

断る、、
主観でやってはいけない。

今日は体調が悪いから断る。
今日は用事があるから断る。
→それはダメである。

そこに目的があるのであれば、
それを聞いた上で時間的な余裕が無いならば、、
その対応をする必要がある。
→一概に断るはしない。

断るは難しい。。

誘われないようにするのも大事である。
→初めから断らなくても良い。。

という考えでやっていく。。

それは周りから見た時に、、
私がどう観えるかということを考えながらやる。

好き嫌いでやっているように思われるのは✖️

断る力、、
断るというのは凄いエネルギーが要る。。

初めから断らなくて良い形を、、
→自分でルールを作って判断する。

誰に対しても平等であるという形を取らないといけない。
この人とは行ってこの人とは行かない、、は避けたい。。
(誰とでも行くはしない。)

断る力、、、
これは大事なことである。。

断る力は主観でやってはいけない。
そのためにはルールが要る。
主観ではないということは、、
→ルールがあるということ。

ルールは滅びないためのルール、、

常に周りの人が常に自分のことをどう思っているかを考えながらやらないといけない。

雑音も合わせない、、
カットすることではない。聞いてあげる必要性はある。
→ただそれに合わせる必要はないということである。

あの人は初めから聞いてくれない、、
→誰も意見を言わなくなる。

自己資産、、(不動産資産だけでなく、自らの美と健康、そして思考を磨く自己資産)
自分自身を磨くということは、自分の持っている資産を増やしているということである。

玉の輿、、自己資産を増やしたことによって玉の輿になった。。

自己の資産を増やして行くという考え方はとても良いことである。

相手に対して自分がどう映っているのかをきちんと考えて行動して行かないと、、

経営者、、周りには沢山の利害関係の人がいる。
警戒心を持って脇を締めて付き合っていないと。

どのように映るか、どのように捉えられるか、、

相手の心の中は解らない。。

健康で美しく!美と健康のためにできる事

塾生が夏休みの自由研究で「美と健康」についてまとめております。

毎日のLINEグループで、話し合いながら、またインターネットや書籍で

調べ 数値化したものを参考に、検証し その上で 具体的にはどうすべきか?

自分の生活にいかに落とし込んでいくのか?を事細かくレポートされています。

実践するためにはどうするべきか?あなたに近い習慣の塾生もいるかもしれません。

ダイエット、睡眠、腸活、マインドフルネス、食生活を健康を保つために

いかに習慣化させるようにしているのか?などなど。。。

ぜひ、↓このバナーのURLはブックマークを!みなさんにお役に立てる内容ばかりです!

[su_posts posts_per_page=”5″ tax_term=”26″ order=”desc”]

10月11月の体験セミナーのご案内

10月11月のセミナーのご案内です。

各地域での体験セミナーも受け付けております。

詳細はお問合せくださいませ。

10月13日(土)名古屋セミナー
10月14日(日)大阪セミナー
10月28日(日)東京セミナー
11月 8日(木)北海道セミナー
11月11日(日)東京セミナー
11月17日(土)名古屋セミナー
11月18日(日)大阪セミナー

人生を大きく変えた塾での学び〜妻の乳癌克服〜

塾生のヒロ君が入塾前から奥様の乳癌克服までを綴ってくれましたのでご紹介いたします。


 

人生を大きく変えた塾での学び〜妻の乳癌克服〜

昔の私は人の悪いところばかりを見て、勝手にこうに違いないと思いこみ、時にそれを自分が責められているように思い、卑屈になり相手の責任を追究することばかりを考えて、いつもいつもイライラしていたように思います。
そのイライラを家族にぶつけることもありました。妻も子ども達もいつも私の顔色を伺っていたことに気付きもせず自分の親や兄弟との関係もギグシャクしていました。
当然、友達もいませんでした。
物事の上辺だけを見て、些細な言葉で感情が沸き立ち怒る。感情に任せて怒る。一日中怒る。自分の意思を通すことだけを考え、自分の意見ばかりを言い、人を好き嫌いで判断する。塾に入る前の私はそんな人間だったと思います。

入塾する直前は、子ども達も少しいろいろなことがわかるようになってきて、私を見て明らかに脅えていたり、絶対に嫌だとひどく泣くことも多く、職場でも「おとなしくしているように見えても、関り方を気をつけた方がいい」という噂が流されていました。人間関係も上手くいかず、それでも1日をただなんとなく過ごし、時には仕事での面白くなかったことを家にもって帰り、家で発散をするような時もあったと思います。

そんな頃、以前よりお世話になっていた小夜代表から素晴らしい思考をお持ちの先生だから来てみたら?と一歩一会セミナーにお誘い頂いたので、藁をもすがる思いで参加させて頂きました。

最初のセミナーで、今まで自分が考えたことも、思ったこともないような話しばかりだったこと、私は経営者ではなかったので、経営のことはわからないと思っていたのですが、経営のお話は日常生活に結びついている話しで、この方はスゴイ先生だと思い、とても驚きました。

また、怒ることって、冷静な人から見るとバカバカしい疲れることなんだと気付きました。

一歩一会のセミナーの帰り、新幹線で先生とご一緒する機会を頂き、自由席のデッキに立ってご指導を頂きました。
先生は私の話しをよくよく聞いてくださり、その時は、こんなにスゴイ先生が私の話しを聞いてくださることにとても感動したことをよく覚えています。
新幹線の中と、塾に入って最初の1年は、感情のコントロールについてお話を頂きました。
感情を表に出すと、周りの人間がどのような気持ちになり、自分がどう見られるのか、結果、相手からの信用をなくすことになること、私自身が感情的な人間だったのですが、先生のお話を聞くうちに、感情的な人は付き合いにくいんだなと思うようになり、また、感情的な言葉は相手にどれ程の傷を与えるのかということを知り、家族や職場の仲間が自分に寄って来なかった理由に納得しました。また、自分自信も怒ることで疲れてしまうのだと思い。感情的になることって、つまらない無駄なこと、誰が得をすることもなく、良いことが無いんだなとわかりました。

入塾して1年経った頃には、家でも職場でもほとんど怒ることはなくなりました。ただ、怒りが込み上げてくることはありました。しかしそれは、ただの感情で、私の行動とは別のものだと思えるようになり、沸き立つ感情のまま行動することは無くなりました。
妻も穏やかに過ごせる日が増え、子ども達が「お父さん❗️」と寄ってきてくれるようになりました。

塾に入っての1年で、時間の大切さと時間には限りがあるということや、生産性のある使い方について学び、それを意識するようになりました。
その頃は電車の運転士という不規則で家族への負担の大きい仕事をしていました。電車の運転士は私が好きだからという「我は」の気持ちでの行動で、家族に負担をかけていたことに気付き、家族との時間を大切に、また子ども達のこれからのことを考えて転職することを決めました。
しかし、40代で学歴も経験もない私の転職活動はとても厳しいものでした。
転職活動をはじめてすぐの頃、求人票で良い条件だと思うものに書類を出しても、面接にたどり着くことができませんでした。そこで面接して頂ける会社に絞って、活動をしていくことにしました。
面接では、こんな私に会って頂くと言ってくださった、という感謝の気持ちを忘れずに持ちながら、事前に調べた情報、担当者の話しや環境から会社のことを考えて、面接の担当者の方とお話をさせて頂きました。
私の得意な運転という技術を生かすことができ、人と接することができる今の職場(自動車学校)への転職が決まりました。

転職して数カ月後、妻の乳癌が見つかりました。
ステージ3… 医師からは、もう少し発見が遅かったら、治療ができない状態になっていたと言われました。私もとてもショックを受けました。なぜ妻が?という気持ちの一方で、今まで私が、精神的にいろいろ負担をかけてきたことが、妻の大きな負担となり、病気になってしまったのではないかと心から後悔しました。
自分の行動が、取り返しのつかないような事態になってしまうこと、「我は」は無い。「我は」という行動や言葉が、どれだけ周りの人の気持ちを踏みにじってきたのかを思い知り、同時に怖さもこの時に強く思いました。
告知を受けた妻の気持ち、子ども達のこと、妻を育てた両親、妻のきょうだい、また私の両親の気持ちを考えました。妻と子ども達はもちろん、妻の両親をはじめとする家族、身内みんなに安心して貰うには、自分はどうあるべきか?を考えて行動していきました。
髪が抜けてしまうと医師から説明があったので、一緒にウィッグを買いにいったり、上手く説明できない妻に変わって、妻の両親やきょうだいに治療のいろいろなことを話しをしてきました。

癌が進行していたこともあり、初めは抗ガン剤治療をすることになりました。
抗ガン剤治療は、今は吐き気止めの薬がよくなっていたそうですが、治療後一週間は吐き気とダルさで全く動けず、ほとんど寝て過ごしている状態でした。辛い気持ちで、闘病する妻、家事や身のまわりの手伝いにきてくださっていたお義母さん、妻の変化に動揺する子ども達の様子や話しをよくよく聞いて、少しでも負担が少なくなるように、笑顔で過ごせるようにと思って行動をしていきました。
妻とみんなの頑張りのお陰で癌はほとんどわからない程小さくなり、手術も予定していたより早くできることになりました。

妻の手術中、妻の家族や自分の家族との時間を過ごしました。
会話をする中で、もし妻が聞いたらどのように思い、どうしてほしいと願うのか、目を覚ました妻や、これからの妻や家族の生活を考えていました。
そのために、身内がお互いに交流をしやすくなり、よい関係を保つには自分はどうするとよいのか?身内全員が、個性があり違っていることを踏まえ、これから円滑な関係にするには、今、自分がどうしておかなければならないか。
その時に、塾で教えて頂いた周りの人の喜びを考えることが、妻の喜びへと返ってくることを考えました。
目の前の人だけではなく、その向こうにいる人々のことを考え、妻が何をしてもらえると助かるのか、妻の喜びが子供を喜ばせ、身内も喜び、それが自分の喜びであることに気が付きました。
妻や子ども達の将来のためにも繋がる。そうなるように家族と時間を過ごしました。
妻の入院中は、子ども達がどれだけ「お母さん」を愛しているのか、父としてのあるべき姿を改めて考える時間にもなりました。

手術後の病理検査の結果で、ステージ0に、妻の頑張りと家族の協力、先生や代表、塾のみなさまの暖かい心遣いを頂いたお陰様で、妻の癌細胞はすべてなくなっていました。
妻は新しい命を頂いたのだと思いました。妻が自らの身を削り得たものを、短歌や闘病記として綴っている様子を見て、これから妻が頂いた命、人生を豊かなものにしてあげたい。それが苦しむ方のお役に立つのであれば。私がこれから仕事をしていく大きな理由のひとつになりました。

自分が変わり幸せな結婚へ

このたび、塾生のはっちさんがご結婚されました。
結婚にあたり、今までのことを綴ってくれましたのでご紹介いたします。


入塾する前の私はすぐに人に頼り、出来ないことに泣いてばかりで塞ぎこんでいました。
すぐに感情的になり、物事を伝えるのに感情任せになるところがあり、思うように言葉にして伝えるのが困難で、人と交わることができなく、仕事やプライベート共に、うまくいかないことばかりでした。

そんな悩みを抱える私に、小夜代表から大変素晴らしい思考を持ち、人生を豊かにする人生成功哲学を教えてくれる一歩一会セミナーというセミナーの体験会があるということを聞き、思い切って参加させて頂くことにしました。

セミナーの内容は自分にはとても難しい内容で、ついていけるだろうか…と悩んでおりましたが、数ヶ月後にweb受講生のご案内を頂き、それなら自分のペースでできると思い参加させて頂きました。

それでも最初は話している事がほとんど分からず不安を感じていましたが、グループミーティングを実施して頂いたお陰で、少しづつ理解できるようなりました。
理解をして、日常でもやってみよう!と挑戦し、またわからないことが出てきてもグループミーティングで話すことで様々な事に気がつき、どんどん先生のお話と繋がり楽しくなってきました。
日常に当てはまる事が多く、仕事やプライベート、様々なシーンで
苦手と思っていたコミュニケーションが取れるようになり、今ではLINEグループで投稿するのも拝読するのも気づきや学びが多く、楽しみとなっています。

そんな私も入塾当初は恋愛に於いても自分の苦手とするコミュニケーションや感情的なところがでてしまい、相手を怒らせてしまうことが度々ありました。
その度に、先生の言葉が頭に浮かび、感情的になってはいけない!とおまじないのように唱える事で、明るくポジティブに考えられるようになり、笑っていると楽しくなり、相手も喜んでくれるようになりました。
今では信じられないくらい日々ラブラブです(笑)

主人は塾には入っていませんが、利他の強い人だと思います。
社労士として働き、仕事でもプライベートでも大切な人には幸せになってほしい!と願い常に行動しています。そんな彼の考え方を尊敬しています。

私はこのように自分を変え、大切に思える主人と出会い結婚できたのはトシ先生の教えがあっての事だと思っています。
トシ先生にはとても感謝をしています。お忙しい中、時々メッセージをいただける事に励みを感じています。
グループの方々にも、感謝です。間違ったことでも、否定するのではなく、まずは聞いてくれるだけで安心して話をする事が多かったです。
グループ投稿も仲間からお返事を頂ける事で気づきや学びが日々あり、とてもありがたく感じています。

これからは、彼をはじめ私に関わって頂いた皆様のために感謝を忘れず、しっかりお返しができるよう頑張ります。
誰かのために、笑顔を絶やさず支えとなり必要とされる人になりたいとおもいます。

その為にも、ここで沢山学び、気づき、代表のような品のある知的な女性を目指していきたいと思います。

 

the land of cana-anに名称が変わりました

the land of cana-an に名称が変わりました。

これまで2年間、私達は塾という形式で先生から多くの事を学び、また仲間たちと共にその学びを毎日愚直に継続し深めてまいりました。

塾では経営者も一般社員も主婦も年代や性別も関係なく、自分と自分に関わる全ての人が豊かになる為のプロセスを先生という強いメンターから学び、これからの私達は一人一人がその教えを実践しながら周りに良い影響を与えられるメンターとなっていく事が大きな役割となっていきます。

素晴らしい先生から、人生を豊かにする為の成功哲学を直接学んだ私達は、これから学びと実践の場the land of cana-anとして新たなステージに立ち、より多くの皆様のお役に立てるよう精進して参ります。

2018年9月1日
the land of cana-an

9月のセミナー予定

2018年9月のセミナー予定

 

9月 1日(土)    名古屋セミナー 名古屋市内

9月 2日(日)    大阪セミナー 大阪市内

9月 8日(土)    東京セミナー 都内(体験募集はありません)

9月 9日(日)    東京セミナー 都内 体験は10:00~13:00まで

 

セミナー体験を希望される方はお気軽にお問合せ下さい。

※体験の方の受講料は¥7,000となります。

           

8月のセミナー予定

2018年8月のセミナー情報

 

8月  4日(土)  名古屋セミナー 終了しました

8月  5日(日)  大阪セミナー 終了しました 

8月18日(土)  東京セミナー 終了しました

8月19日(日)  東京セミナー 終了しました

         体験は10:00~13:00まで(受付中)

8月31日(金)  北海道セミナー

 

セミナー体験を希望される方はお気軽にお問合せ下さい。コチラから

※体験の方の受講料は\7,000となります。