他信→自信→利他につながると悟りmust→can→willであると理解した

大学時代はバイトとボランティアと勉学が全てでそれ以外は何もない。けど、それは僕に取り本分だったし楽しめた。常に周りを協力者にするには、己の我を捨て利他の気持ちで周りを支えプラス思考で仲間と共に生きたことが全てを味方にした。

新聞配達をしてる時身体を壊したことがあり、それも自然界を背にして生きている僕には自然の脅威と捉えながらも試練と考えみんなの協力で乗り切れた。人は皆生かされているわけで、素直に生きれば間違いなく良い人生が手に入る。

人にどんな影響を与えられるか?そして周りが自分をどう捉えるか?それが大切でありそれが他信→自信→利他につながると悟りmust→can→willであると理解した。楽しくアルバイトをして楽しく勉学に勤しみ楽しくボランティアをする事で、どうやれば上手く出来るかを考えることが出来る。

やらされている感は何も生まない。どうやれば上手になるか?それは楽しむ、好きになると言う事が原則である。目の前の出来事ですら気づく事が出来ないならばそれは不幸としか言えない。しかし、世間の殆どの人がそうだ。

顕在意識の中で生きるは批判する事、傍観者になる事であるとも私は思う。それでは支配されて奴隷のごとくの人生にしかならない。多くを身につける必要はなく目に見えるものに振り回されず自然を味方に仲間を味方にする為に自らが変わる事。そうすれば見えないものも見えてくる。利他であるのはそう言う事だと理解してもらいたい。

人、もの、金、情報と時間をどう操るか?

人は、生きていると色々な考えや気持ち、もの、人、情報がついて来ます。

知らないうちに自分がその中に居て気が付かないうちに違った事をやっている。特に怖いのが、その変わっている自分に気が付かず条件反射で行動してる事。

私はいつも原点とは何か?どこにあるのか?それを明確にする為に、最初の目的を常に意識しています。断捨離はものだけだなく、人、もの、金、情報もその対象で、当然それらに共通する時間もその対象なのです。

思考の断捨離が出来なければ、結局ものを片付けてもいずれ同じ状態になるのです。
では、その思考を断捨離するとは?それはそれぞれの目的を明確にして自分が進むべき目的と照らし合わせて、常に精度を高め、人、もの、金、情報と時間をどう操るか?をその方法を考えるべきです。

感謝と思いやりは利他行

利他行なのでは?感謝や思いやりは。
感謝や思いやりの話を聴くと殆どの方が矢印が自分に向いている。
それは違うのではといつも思います。
万物に対してこの世の花も虫も生き物も全てにおいて私達の生活を取り巻いている訳ですだから、感謝の心は慈悲の心、全てのものに対しての敬意を持って初めて感謝だと私は思います。
腹がたつ相手でも一歩引いて彼の彼女の存在が自分に取ってどうか?を想ってみて下さい。
昔、父から食事を残す事に関してよく言われました。これはこの地球と言う惑星における天の恵みであり、それをみんなに食べてもらおうと過酷な仕事をしている方々への敬意を忘れてはならない。
矢印は自分ではなく周りに向けて感謝です。
私は多くの方々に助けられて今日あります。しかし、その方々へ私が何か出来たでしょうか?
言葉で感謝と言うのは簡単です。けど、そんな周りの方々へ感謝してもらえるだけのことが出来ているのだろうか?いや、私がうまく行ったから周りの人はそれで良いと思っているのだ!ではどうなんでしょうか?この世の中で共存していくことが真我ならその答えは違います。

選択の理論

選択の理論

①自制できるのは自分だけ

②与えられるのは情報だけ

選択理論は、すべての行動は自らの選択であると考える心理学です。

行動を選択できるのは自分だけなので、他人に行動を直接選択させることはできません。

そのため、問題が発生した時には、相手を受け入れ、交渉することで解決します。
その結果、良好な人間関係を築くことができます。

従来の心理学(外的コントロール心理学)では、人間の行動は外部からの刺激に対する反応であると考えられてきました。

そのため、問題が発生したときには怒る、罰を与えるなどの強い刺激を与えることで、相手を思い通り動かして解決しようとします。

しかし、その結果人間関係は破壊されてしまいます。

自己イメージの塗り替え

自己イメージの塗り替え。ここが大きなポイント。

普通の人間の自己イメージは、その殆どが思い込みです。

今までの経験に基づくもので、その自己の基準もなくその場での自分のやり方に対して固定観念や既成事実が付いて来て自己イメージは思い込みから発せられます。

殆どが自分の経験からなる反射神経的な思考。つまり新しい経験が出来ない!

そうではなく素晴らしい自分になる為に、多くの気付きを持ち新しい自分を想像することが大切なのです。

できない事はない。目的が明確化しその方法が具現化出来ればあと簡単。この三カ月では別の新しい自分になる為に、自己イメージを想像してもらいたいと思います。

今までできなかったこともいとも簡単にできるようになる。人にはそのような潜在的なチカラがあるのです。年齢に関係なく、自己開発を意識してみて下さい。周りも変わりますよ。

ポジティブに思考する、行動するとは?

ドンマイリベンジ!仲間からの掛け声マイナスに思考で行動する時は、負の感情に支配され、負のスパイラルに陥ることで、視野が非常に狭くなっている時かなぁと思います。

それは、自分だけではなく、時に人を巻き込んでしまうこともあるのではないかと思います。

冷静になって客観的に物事を捉えることができた時、全体像が把握できたり、視野が広がることで、何かに気づくことができるのではないかと思います

いつも原点に戻り、動機や目的を明確にすることで、今、未来に向かってやらなくてはならないことは何なのかが、見えてくるのではないかと思います。

また、言葉を変える、肯定的な言い方におき変えることで、ポジティブな思考や行動に変えることができるのかと思います。そして、相手を受け入れる、許す、ゆずる、ということができるといいのかなぁと思います。そして自分によろしくないことは忘れる。例えばバッターも3割打てる人はスゴイバッターとなるわけですから、目的を達成するために何をどうするのかが大事なのかなぁと思います。

人と比べたりせず、自分がせねばならないことを明確にし、それをやり続けることができたら良いかなぁとも思います。昨日の自分より今日の自分が成長できたことが認識できるといいのかなぁと思います。周りのことを考えた上で、まずやってみることも大事だと思います。

起きていないことをあれこれ心配しても何も始められないよりは、やってみてドンマイリベンジができれば、それはポジティブな思考・行動につながていくのではないかと思います。

また、吾唯足知、ができれば、自分自身を卑下することなく、物事をポジティブに思考し行動することにもつながるのではないかと思いました。また、笑顔でいることも大事なのかと思います。

謙虚に、素直に、笑顔でいることができれば、自分だけではなく、周りにもポジティブな影響を伝播することができるのではないかと思いましたし、周りからもポジティブな影響を与えていただけるのではないかと思います。また、マイナス思考になっている時は、自分の殻に閉じこもり、入ってくる情報を遮断していたりするかもしれないので、その閉じたドアをノックして気づかせてくれる仲間がいるといいですよね。

そういう仲間を持てる自分に成長できたらいいかなぁと思います。常に、未来に向かって、思考し、行動することを意識できたらいいのかなぁと思いました。

人格者になる為に必要な要素が抜き出されてます。これも私の教えの1つですね!

CA的におかしな思考

課題が出たり他の人のコメントがあったりと、自分はまだまだだなぁとか?自分はダメだなぁ?とか思うのはCA的におかしな思考です。

CAはそもそも日本人には苦手な思考ですね。それを身に付けるとは当然周りの人との差別化に繋がるわけで、何事も前以て判断する力が付けば、そして、その判断が正しければこんな良い事はありません。

自分のコメントはダメだから恥ずかしいとか?自分は全然出来てないなぁとか?そんな事を思う必要は無く、結果そうだったのか?であれば全て良しです。

沈思黙考も話すだけも意味をなさない。ひたすら考えを巡らせても、慣れてない人だけではなく私ですら、思考が上手く進む事はありません。だからと言って思い付いた思考を人に話しまくるのも、確かにアイデアが浮かんでは消えて有効な様に思いますが、結果まとまりません。

だから、ここで極意を示します。考えを巡らせて、それから人に話をします。そして、モードを変えて、そこまでの考えを書き留め、仮説をさらに深めていく事が大切です。

皆さんが私の話を聞かれる時にメモを取られますよね。それを帰ってか、帰りながら再度目を通して思考を巡らすときっと良い結果が出るという事です。

私は何かを思考するとき自分で考えながら目の前の裏紙に書きながら考えて、その紙を持ったまま周りの人間にそれを見せながら自分の考えを話します。そして、出て来たアイデアは一旦話を止めて書き留めて周りに確認するのです。

ラインとかサイトで私が課題を出したりします。それを画面で目で追うのではなく紙に落とす事です。そこから思考が動き出し誰かに相談しながら自分の意見をまとめて行く。

今日のワンポイントアドバイスですね。

CAの参考

太古の昔から人は狩りにより生計を立てて来た。それは厳しい環境下である訳で、自然との戦いとも言える。

武器を持ち、目立たぬ姿に身を隠す。それは獲物を得ると言う前提と共に無事に家族の元へ帰ると言う前提がある。

相手は動物であり一瞬の判断が死を招く。その判断スピードはきっと0.1秒くらいではないだろうか?

大リーガーのイチロー君も、打球の音を聞いただけで落下点へ走れる。まさに同じ判断力だ。

つまり、甘えた生活圏ではその能力は退化するだけであり、厳しい環境を自ら作り出す事が人間本来の持てる才能を開花させる。

無駄を省き、厳しく選択しながら自らの人生に甘えをなくす事は、大切な事だと言える。

CAを解くときっとそんなダイエットされた充実した生活が待っており豊かな生活も手に入れる事になるのだ。

先が読めるようになりましょう

こんばんは、人は2手先が読めない人が殆どなんですね。次にどうやるかに関しては考えつくのですが、その次がどうなるのか?を考えられない。

今日トラスティグループの総務本部長の佐藤取締役から研修を受けていて、総務の仕事に関して話を聞いてましたが、東京消防庁などからの災害マニュアルの内容も非難はしますがその後が決まってないと聞きました。さすがPDCAの国ですね、一手先しか見えてないのです。

弊社のグループマニュアルは数手先まで読まれていて災害時にもその後どのように活動すれば良いかまではっきり明記してありました。

そもそも災害の時に、一番は人の命を守るというのが前提なのであり、それに対してリスクは何かと考えて全て対応ですね。例えば、休みの日にも何処へ遊びに行くとかと言う報告書が各責任者に出されており安否確認の速さや情報の伝達力、迅速な対応策なども盛り込まれていて、あくまでも会社の利益より社員や家族の安全が前提になっており、その為の設備などにも資金を投入してある。

社員や社員の家族さえ守れれば会社は何時でも再興できると言う前提が全てのCAの判断に優先されているわけです。つまりはプラスのスパイラルです。そんな家族の安否や安全性などの観点が総務部の保全と言う考え方の根本にある訳です。

昔入居した高層ビルに耐震機能が十分でないとなりそのビルを買い取り各フロアーに免震技術を入れると言う考え方。素晴らしいですね。しかし、それは先の事を考えた時に必要なのです。だからその費用をどう捻出するかがCAの1つの思考でもあります。

そんな数手先が読める思考能力をつけましょう。

経営は技。経営人になることが大切

人生において歳を重ねるとは、固定概念や既成概念を身につけていくという事。しかし、それはその真実によるものでは無くその殆どが周りからの影響なのである。

本当に自分自身がしっかりと調べて学んで身に付けたものであるなら、それは信念と言う価値観になるはずなのである。

物も同じであり人も同じなのである。しっかり考えて物も手に入れるべきであり友人も心の友以外に関しては、やはり自らが信頼関係を持てる様に図った人に囲まれるべきなのである。

つまり、人生において歳を重ねるとは、まさに無駄なものを沢山身につける事となるのである。そんな人が運気を呼ぶとかお金持ちになり一生豊かに暮らせるであろうか?
無駄なものを捨て価値あるものだけに囲まれて生きていく事にこそ、人生の豊かな価値はありだからこそ運気もお金も寄ってくる。

なぜならばお金も運気も大切に扱われるに違い無いからである。まずはそこをしっかりと認識して自らの人生において不要なものを自らの選択の権利を行使して周りを思考で固めるべきなのだと思う。

人がするからするのでは無く、自らが考えて決断してこそ道は開かれるのだと考える。
当然選択を間違えれば、そこには衰退と言う言葉しかあり得ない。現在低所得者と呼ばれている人がいるならば、それはきっと人生において怠慢な決断をした人であると確信している。 ゆえに、正しい決断ができる様に自らの思考を磨いて行くべきなのである。今からでも遅くは無い。

人は確かに年齢と共に経験と言うお宝を手に入れます。
しかし、それは望んだものでしょうか?私はいつも思います。何かがあるから上手くいかないのでは無いか?それは本人の勝手な想いではなく、きっと貴方の中にある何か不必要な思いが、邪魔してるのでは無いか?生まれた時はみんな裸だったのに、色々な経験を経て着飾る様になり物持ちになる。それは貴方が幸せになる為に選んだことなんでしょうか?

人は最低限のものがあれば十分幸せですね。都会の繋争の中にいると、大自然がこのうえも懐かしく気持ちの良いものです。無いものねだりでは無いでしょうか?本当に欲しいものは手に入れるべきだと私は思います。

その為には自分で先を考えた選択力をつけるべきでは無いかといつも考えています。どうでも良い仲間との食事会も良いでしょうね。けど、貴方が信頼でき助け合える仲間との食事会の方が良く無いですか?選んでますか?私は時間の無駄が苦手ですね。だから、たわいも無い話をする友人はいませんし、そんな時間があるなら1人で孤独に時間を過ごします。次の戦いの為に力を温存します。

だから、欲しいものを手に入れましょうね。その為には確かな人生を自信を持って歩むことだと思います。経営は技です。経営人にならなくては誰も付いてきません。
誰も良くしてくれません。信頼を勝ち取ることが大切なのです。疎かにしていた人間関係もしっかりと構築して、信頼を勝ち取ることです。人として憂なき人になるべきです。

頼られるべき人にならねばなりません。どんな辛く忍耐を強いられても、彼奴に、彼女に付いて行こうと言う人が貴方の周りに現れたらそれは忍耐力が付いた証です。言葉でなく行動で見極める力が付けば貴方の人生は良き人生です。お金も喜んでやってきてくれます。お金は人から人に渡って行きます。