水が与えてくれるもの

新人グループ 🌟こんどうさん

[toc heading_levels=”4,5″]

何を食べ、何を飲むべきか?

健康は内面からを意識して数年前から食事や飲み物を意識するようになりました。

女性は気にする方は多いですが私は、今までは何も気にすることはなく食べたい物を食べ、飲みたい物を飲み、CMに影響され健康ドリンクも良く飲んでいました。

色々な情報が入ってくる中どうやら自然界にない食べ物は体に良い物かどうかを疑問を持つようになりました。

確かに理屈としては、人間も地球から生まれた物と考えた場合は自然にある物を食することが本来の姿であり自然であるのは間違いないと思います。

しかし食事は現代社会で生きている以上、すべてオーガニックな物で過ごせない為に諦めました(笑)

諦めて体の免疫を強くし、たとえ良くない食品を食べても分解して悪い物は排出できるような体を作るに考え方に都合よく考えました。

こちらは実際に体がそのようになっているかは疑問ですが、意識はそのようにしています。

体の70%以上は水!ならば…

その中で体の70%以上占める水だけは何とかなりそうだと現在も意識をしており、ジュースや栄養ドリンクなどはあまり飲まなくなりました。

水分が主である食事や飲み物は美味しい水でないといくら良い食材をいれても美味しくなりませんよね!

水道水で炊いたご飯、コーヒーなどは明らかにあまり美味しくありません、日本酒なども綺麗な水とを米が全てと聞きます。

水に関しては現在は様々な研究がおこなわれており、有名なところでは「ありがとう」や「愛している」と一般的に好ましい言霊を浴びた水は美しい結晶が出来上がり、「バカ」「死ね」などの汚い言霊を浴びた水は歪な結晶が出来上がるようです。

[su_label] 参考[/su_label] https://matome.naver.jp/odai/2147381608900101301

最近の研究では『水は一つの生命体で、自らの意志で中心を保つ。そして他の生命に生きる力を与えている』という説を唱えている方もおられます。

[su_label] 参考[/su_label] http://www.spa-yunosato.com/column/index.php?clmncd=20130711-1158

事実はともかく今は色々な自然の水が販売されているので、自分に合った水を見つけて意図的に飲むというのはおすすめです!

自分自身も毎日500mmℓは決まった水を持ち歩き飲むようにしています。

デトックス効果もありトイレの回数が増えましたが、身体にとっては良いことだと思います。

私の健康の秘訣は美味しい水を飲むのとダイエットが終わったので腹八分目の食事と軽い運動をする事により成り立っています。

自分自身も、万が一誰かが食べたらまずいと言われるより、美味しい体になる為にこれからも自然の水で体の中を循環させて浄化させて行こうと思います。

ですが、今のところ誰かに食べさせる予定はありません!

室内換気 できていますか?

新人グループ 🌟あんどうさん

[toc heading_levels=”4,5″]

室内換気の効果

健康とそれを維持するためのルール

私は夏も冬も朝晩、10分以上、室内換気を必ずしています。

天気の良い日は開けっ放しで外出します。

その理由は、閉めっぱなしにしておくと室内の空気は汚れ、湿度が高まり、埃にその水分が付着しカビの原因になったりダニの繁殖にもつながり健康に害を及ぼすからです。

私は換気の効果で、心身ともに快適にマイホームライフを送っております。

気温は20~30度 湿度の目安は60~70%でカビ、ダニの発生の確率が高くなります。

梅雨の時期や、夏場は特にそのリスクが高まります。

ダニの発生するリスク

特に下記の状態の方は注意が必要です

・昼間留守で和室を締め切っている。(共稼ぎなど)

・梅雨・夏季が多湿・高温な年である。(6月に湿気て、8月に夏日が続くなど)

・建物床下が湿気の要因を持っている。

・お部屋の位置が風通し、日当たりが悪い。

・お部屋にタンスなどが多く、室内の風通しが悪い。

・コンクリートマンション系の建物で、締め切りが多い。

・新しい畳の上に何か敷物をしている。

その他、建材に含まれるホルムアルデヒドなどの人体に害を与えるような成分も揮発化しており、毎日かかさず換気を行うことが必要です。

ホルムアルデヒドの怖さ

ホルムアルデヒドは刺激臭のある無色の気体で、有機溶媒として使われるメタノールを空気酸化することで作られます。プラスチックの一種であるフェノール樹脂、メラミン樹脂の原材料としても使われているのです。
ホルムアルデヒド
[su_label]参考[/su_label] https://www.sat-co.info/influence-of-formaldehyde

私はハウスメーカに勤務し、引き渡し後のアフターサービスを12年行ってきましたが、高気密、高断熱の快適に慣れ親しんでしまったがゆえに、アレルギーに悩まされる方を何人も見てきました。

昨今の建物は建築基準法により、平成15年に24時間換気システム(換気扇)を付けることが義務付けられましたが、それに甘んじてしまい、換気をしなくなってしまい、室内環境がさらに悪化してしいる状況です。

[su_label]参考[/su_label] http://www.iny.jp/regulation/cnstreg5.html(建築基準法)

24時間換気システムがついていても、すべての部屋の空気が入れ替わるのは2時間を要すくらいのゆっくりしたものであり、家具の配置や間取りによっては部屋の隅々まで換気できる期待はできません。
[su_label]参考[/su_label] https://www.homes.co.jp/cont/buy_mansion/buy_mansion_00250/(24時間換気システム)

対策としては、毎日必ず、朝晩10分でよいので、換気をすることがお勧めです。

さらに換気をしないと、人体の健康だけでなく、室内内装にまで影響がでてきます。

① 天井と壁の取り合い部分のクロスの浮き、隙
② 建具の反り
③ キッチン収納の異臭、腐食
④ 特にサッシ回り以外で結露

もし、そのような現象が出てきたら要注意です。

少しでも長く、住むためにも建物の健康状態をにも気配りしたいものです。

特に、新築引き渡し後2年程は、室内内装関係が水分を含んでおり、積極的な換気をすることが必須です。

また、和室がある方は特に換気してください。

私は新築当初から、知っていましたのでこまめに換気していたのですが、それでもカビが生えてしました(笑)

新しい畳は青々とした表面が黄色くなるくらいまで換気により乾燥させることが必要です。
[su_label]参考[/su_label] http://www.tatami.net/tatami/kabi/(畳のカビついて)

換気の習慣化で選ら得る事

毎日朝晩の10分の室内換気を習慣化することで
・カビやダニの発生を防ぐ
・ホルムアルデヒドなど、有害物質から身を守る
・建物内装等の劣化、傷みの防止
・被害が出てしまった時の対策、治療コストの削減
・新鮮な空気の中でストレス軽減

多くのメリットをもたらします。

是非、皆様も実施してみてくださいね!

腸の健康ー腸内細菌について

新人グループ 🌟よりこさん

[toc heading_levels=”4,5″]

身体の健康の為にも、肌の美容の為にも、毎日腸内環境に良いものを口にするよう、心がけています。

私達のお腹の健康を支えてくれている、”腸内細菌”について調べてみました。

🌱なぜ腸内細菌が大切?

・健康で長生きをするには免疫力を上げること。
体の免疫機能の70パーセントは腸内細菌が築いているといわれ、腸内細菌のバランスが乱れて腸が不調になれば 、免疫がうまく働かず万病が引き寄せられる。

・人が幸福感を覚えるときに、脳内ではドーパミンやセロトニンといった「幸せ物質」が分泌されている。
その前駆物質をつくっているのが腸であり、その手助けをしているのが腸内細菌。そのおかげで人は喜ばしい出来事に遭遇し、「幸せだなぁ」と感じる事ができる。ドーパミン、セロトニンのどちらの神経伝達物質も、腸内細菌が合成するビタミン(葉酸、ナイアシン、ビタミンB6など)が不足していては十分な量が分泌されない。それにより、不満や不安ばかりに目がいってしまい幸せの感受性が低くなってしまう。

・腸内細菌は病原菌を排除し、食物を消化し、ビタミンを合成してくれている。野菜や果物などのビタミンを含む食べ物をいくら摂っても、腸内バランスが乱れていては栄養とならない。

🌱腸内細菌を育てる食べ物

・味噌、納豆などのプロバイオティクス
味噌や納豆は酸に強く、腸まで届き腸内細菌を増やすことができる。ただし味噌は熱処理されているものでなく、麹菌の、生きている味噌を選ぶ!

オススメは”納豆キムチ”
ダブルのプロバイオティクスにタンパク質、食物繊維、ビタミンB群が同時にとれ、免疫細胞が活性化される

・ヨーグルト
ヨーグルトに含まれる菌類は胃酸に弱く大部分が胃で死んでしまうが、善玉菌を増やす因子が含まれるため腸内の善玉菌は増える。
よって食事で納豆、味噌を摂り、デザートやおやつにヨーグルトが◎

・オリゴ糖(バナナ、ハチミツ、大豆、玉ねぎ、ゴボウ、ニンニク、トウモロコシ)

・糖アルコール(イチゴ、カリフラワー、ほうれん草、玉ねぎ、人参、レタス、バナナ、リンゴ、なし、昆布)

⚠️毎日続けることが大切。摂取をやめると、せっかく増えた善玉菌が1週間でもとの数値に戻ってしまう。

・食物繊維
水溶性食物繊維は腸内で発酵しやすく、善玉菌を増やす特徴がある。昆布、ワカメ、里芋、豆類、果物、かんぴょうに多く含まれる

・フィトケミカルで活性酸素から腸内細菌を守る!
1日3食で「赤、オレンジ、黄、緑、紫、黒、白」の7色の野菜や果物が摂れるとベスト!
赤:トマト、トウガラシ、パプリカ
オレンジ:ミカン、ニンジン
黄:レモン、トウモロコシ
緑:ほうれん草、ブロッコリー
紫:なす、黒豆
黒:黒ごま、ゴボウ、お茶
白:キャベツ、ニンニク、ネギ

・オリーブオイル
エクストラバージンオリーブオイルは、悪玉コレステロールを減らし、酸化しにくくする働きがあり、腸の働きをスムーズにし腸内細菌の働きを整えてくれる

・ミネラルウォーター
加熱殺菌など人の手を加えていないミネラルウォーターを、そのまま飲む。
1、アルカリ性で、2、鉱泉水、硬水、温泉水溶性と書かれているもの、3、「おいしい」と感じる水を飲むこと

⚠️スナック菓子、ファストフード、レトルト食品、コンビニ弁当等の保存料を日常的に摂っていると、腸の中で腸内細菌の働きが阻害され、数も増えなくなる

🌱腸内細菌を育てる生活

・入浴
入浴で体を温める事により、腸の機能が活性化する事で免疫力が高まる。シャーワーだけで済まさず、1日1回温かいお湯につかり、温めてあげよう。

・「あるがまま」に生きていると、人生が輝き、自分に宿るいろいろな可能性が見えてくる。その心が、免疫力を高め、腸内細菌を元気にしてくれる。反対に周囲と比較し、見栄やプライドといった負の気持ちに縛られると、腸内細菌をダメにしてしまう。

・好きな運動をする
ストレスは腸内細菌にダメージを与えるので、「つらい」「面白くない」と思うものでなく、好きな運動をする事が大切

・外から菌を取り入れる
腸内細菌を活性化させるには、外から菌を取り入れる事が不可欠。外から腸に菌が入ってくると、腸内細菌の刺激となり、数かどんどん増える。今の70代以降の人が丈夫なのは、野生の生き物をおやつにし、腸に土壌菌を日々取り入れていたから?!極端な清潔志向は腸内細菌の力を弱める事となる。

・一口30回噛む習慣を
腸内細菌は活性酸素に弱いが、よく噛んで食べる事で唾液に含まれるカタラーゼなどの酵素が活性酸素の害を抑え、消去してくれる。ひと口に1回1秒で30回噛むこと。

🌱さいごに

この本で紹介されていた方法のひとつひとつは、特別難しい事でもなく、また特別お金がかかる事でもないように思います。
多くの健康法の中から毎日の生活の中で何を選ぶのか、どのような行動をするのかが積み重ねとなり、人生の質や長さを形作ってゆくのですね。
人生を存分に生きるために。
明るく前向きに、日々の健康ルールを実践してゆきましょう!

[su_label]参考文献[/su_label] 藤田絋一郎『腸をダメにする習慣、鍛える習慣』ワニブックス,2013年

おすすめ野菜!キャベツ♪

新人グループ なるさかさん

[toc heading_levels=”4,5″]

***

キャベツ🌟

栄養豊富なお野菜はたくさんあります。が‼️

[su_note note_color=”#66ff6a” text_color=”#000000″]

何故キャベツがオススメなのか?

*日常的に手に入る

*アブラナ科野菜で生で食べれる

*生で食べるとオメガ3脂肪酸や酵素も摂取できる

*豊富な食物繊維

*抗がん作用

*噛む必要があり、噛めば噛むほど効果に期待[/su_note]

キャベツの部位
実は緑の外側の葉と、芯も栄養豊富

ビタミンCは淡黄色野菜でトップ‼
他にも色々な種類のビタミン、ミネラルやファイトケミカルが入っており、カラダの酸化や老化を防ぐ抗酸化作用、ストレス対策、美肌効果、免疫力の向上などの効果が期待できます。

ビタミンU
キャベツの汁から見つかったもので、キャベジンと言われる胃薬は有名!
胃の粘膜を保護に

アメリカ国立ガン研究所より
がん予防効果のある野菜
一位 ニンニク
二位 キャベツ
なのです\(^^)/
ヨーロッパでは、貧乏人の医者という別名があるほど🎶

食物繊維の働き

コレステロールを体外へ排出するとともに、胃や腸の移動時間を遅くして腹持ちを良くし満腹感を上げる。胃腸の粘膜保護、回復の効果もあり、血糖値の上昇を抑えてらくれる作用もあります✨✨

ビタミンは水に溶けやすく、酵素は熱に弱いので生のキャベツを食べるのがとても良いです\(^^)/

そして良く噛む。
唾液は消化を促す酵素としての働きがある為、たくさん分泌されれば、胃の中で消化や吸収がされやすくなります。
良く噛まない場合は、身体は消化にパワーを使い代謝に回せるパワーが減ってしまい→細胞の入れ替えや排泄に必要なチカラを発揮できなくなるんです。
(↑これはキャベツに限らずですが、よく噛める食材としてキャベツがお手軽で毎日食べるのに良いです)

***

✨キャベツは毎食食べれるのが、理想です🎶 が、無理な時は夕食をオススメしております。

理由
①夜の過食を抑える。
夜は眠るだけなので、エネルギーをあまり必要としません。
夜のカロリーオーバーな食習慣は確実に脂肪を貯めていく事に😱
②食物繊維を夜に食べる事で夜に腸内のお掃除をする(食材により消化時間は違いますが)

キャベツも色んな食べ方があるので、飽きないように時間帯や食べ方のアレンジして頂けると楽しいかと🎶
夏は、キャベツの浅漬けで食が進みます😊

***

*キャベツを食べると逆に便秘になる?
食物繊維には②種類あり、「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」があります。

不溶性食物繊維は、水を吸って膨らむ性質があり、腸内に十分な水分があれば便のカサを増やして腸壁を刺激し便秘解消につながる。(運動不足や食事量が少ない場合の便秘に有効)

しかし、身体が水分不足になっていると膨らむことができずに腸壁を刺激できず、詰まってしまうことで便秘が悪化する。
キャベツはこの不溶性食物繊維が多く含まれています。
→水分も一緒に取る‼️

*甲状腺に病気のある人はキャベツの食べ過ぎでお薬の効果が薄くなることがあるそうです。
(多少食べているくらいでは、このような事にはならないそうです)
多少?何gを指すのか?調べ中です。

*野菜全般に言える事ですが、農薬が使用されているため、キャベツの外側をしっかり洗いましょう‼️

***

一説によると、キャベツを10kg/日食べなければ甲状腺には問題ないそうです。
キャベツを1日にたくさん食べる事は出来ないので問題ないとの見解が多かったです😊

[su_label]参考[/su_label] https://www.karadakarute.jp/tanita/diet/diet058.jsp

***

美と健康

私達の体は食べたものからできている

WE ARE WHAT WE EAT(ロジャー ウィリアム)

*私達の日々の食事の消化、吸収の経路

口(咀嚼) 唾液(アミラーゼ)で炭水化物の消化
胃(消化) 胃酸:消化と殺菌 ペプシン:たんぱく質の消化
十二指腸(消化) 胆汁:油の乳化 膵液:三大栄養素の消化
小腸(消化、吸収)腸液:たんぱく質の消化、吸収
大腸(便を作る)水分の吸収、繊維などの発酵(腸内細菌)

*吸収した栄養素の代謝
代謝は細胞の中で行われており、最終はミトコンドリアという小器官の中でエネルギーを作っている。

栄養素の消化→吸収→代謝の一連の流れがスムーズ=身体は健康になり、栄養が満たされた状態を継続していく事で老化を遅くする=美しさを保つ、維持する事が可能となる。

☆消化と代謝

酵素の働き
酵素については、全てが解明されていないが、なくてはならないもの。
体内に約2万種類あるといわれ、一生涯で作れる量
も決まっていると考えられている。
この体内酵素をいかに節約できるかは、私達の健康+アンチエイジングで重要。

酵素には消化酵素と代謝酵素がある。
イメージとして、一回の食事で使う酵素を100と考えると、食べすぎて消化酵素に70使ってしまうと、代謝酵素に使える酵素は30しか残っておらず、オーバーした分は上手く代謝できないイメージ。

逆に消化に使う酵素を30にできると、代謝には70も余力を残せる。

消化酵素を節約できる食事、食べ方
👉咀嚼を、しっかりする事。
(血糖値の上昇をゆるやかにする為にも、おにぎりを口の中でお粥さんになるくらい咀嚼すると良いそうです😅💦💪)
👉食べ物で酵素を取り入れる事。
毎食✨生野菜や発酵食品を食べる(味噌やキャベツ、醤油や、生魚)=和食が良い

☆代謝に必須なもの‼

エネルギーを作る←熱が生れる←燃やす
ガソリンを燃やして車が走る🚗のと同じ。
燃える時に必要なものが、酸素‼
身体の中の酸素は、呼吸で体内へ取り込み、血液の中の赤血球が全身に酸素を運びます。
👉貧血があれば、身体は酸欠状態たので材料があっても代謝が上手く出来ない。
日本は隠れ貧血だと言われている。
(著書 貧血大国・日本 山本佳奈)

☆吸収

小腸は6〜7mあり表面積はテニスコート1〜2面分。3〜5時間の間に食物の栄養の8割を吸収します。
大腸の腸内フローラや腸内環境も日々の食生活や生活習慣に大きく左右される。
近年、リーキガット症候群といわれている、腸粘膜に穴が開いている状態の方が増えており、日本人の70%が何らかの障害を受けていると推測されている。

ドライアイとその原因と対策

誰が為に鐘はなる うおちゃん
ドライアイとして処方された目薬を点眼していても、長時間のコンタクトレンズ着用が難しくなった今年の夏。
ドライアイに至る原因を知り、対策に時間をかけてしていくことで、大切な目を守ります。

[toc heading_levels=”4,5″]

■疲れ目の原因

・長時間のパソコン作業や手先の細かな作業をする
・メガネやコンタクトの度が合っていない
・老眼(老視)など

■パソコンやスマホによる疲れ目

パソコンやスマホでのディスプレイを長時間見続けると、目の酷使や画面の凝視により、まばたきの回数が減り、目が乾いた状態になります。
この状態は必要以上に目を酷使するため、疲れ目を引き起こします。

さらに症状が進むとスマホ老眼を引き起こします。
スマホ老眼は、至近距離でスマートフォンなどを見続けることにより、毛様体筋が凝り固まって、ピント調節がうまくできなくなってしまった状態です。

私たちの眼は、本来遠くが見やすく、近くを見ると疲れやすい構造です。
特にスマホなどの操作では、パソコンなどの操作時よりもさらに近い距離で、
小さな画面をつい長時間凝視してしまいがちです。
そのため眼に大きな負担がかかり、筋肉疲労を起こしやすいといえます。

■目はむき出しの臓器

「目はむきだしの臓器」という認識を持ってください。
“ちょっと触る”の積み重ねが、目の障害を引き起こすことは多い。
目はむやみに触らないことです。

■パソコンやスマホをよく使うコンタクトユーザーの対策

パソコンやスマホを見ることの多い人は、【LEDのブルーライトを緩和するメガネ】は必須です。
現代人はとかくスマホを見がちだが、時間があるときには、【ビタミンBの入っている目薬を差して】、【目をつぶってお湯に浸して絞ったタオルを目にのせて5分でも10分でもリラックス】して目を休ませることも心がけます。

………………………………………………

コンタクトレンズ装用者には、自分が「患者」であるという認識を持っていただきたいですね。

ハード、ソフトにかかわらず、コンタクトは必ず角膜への酸素不足になり、角膜の内細胞を破壊する可能性があります。1日最長でも8時間までを限度に、メガネを携帯し、少しでもおかしかったらコンタクトを外してください。

………………………………………………

■ドライアイ用の目薬

目を保護している主成分は、目から分泌されているタンパク質成分の「ムチン」と脂。

→ドライ用にはムチンを増やす目薬を点眼。

目薬は処方、市販に関わらず、角膜障害性のある防腐剤の少ないものを選び、1回使い捨て以外は、開封したら2か月で捨てる事。
皮膚はブドウ球菌が多いので、つける時には上から垂らして、先端が皮膚に触れないことも大切です。

■そもそものパソコン環境を整える

・パソコンを使う環境で大切なのは「照明」です。
画面よりも暗い部屋でパソコンを使っていないか、照明のちらつきや、画面へ電灯や外光の移りこみはないか確認してみましょう。

・パソコン使用時の姿勢を確認。
前かがみになって、キーボードを叩いていませんか?
画面を見上げる状態で使っていませんか?
書類と画面が離れていませんか?

・オフィスの湿度を確認。
ちゃんと休憩を取りながら仕事していますか?

■□■□■□■□■□

これらを踏まえてマイルールです。

・まずは、パソコン、スマホを使う環境を整えます。
照明、パソコン、スマホを触る時の距離、自分の姿勢の確認。

・1時間に5分はパソコンから目を離して、遠くを見ます。

・目の違和感を感じたら、時間を置かずメガネに変えます。
調子が良くないときは、メガネを持ち歩きます。

・寝る前の5分間は、温タオルや目を温めるグッズを目にのせます。

まずは基本的な対策をさぼらず、毎日繰り返すことで、一日の目の負担はなるべくその日にリセットする習慣をつけます。
スマホ老眼の症状を引き起こしていないかどうかで眼精疲労対策の成果を確認します。

[su_label]参考HP[/su_label]
https://president.jp/articles/-/24299?page=2

http://www.shiroyama-y.co.jp/Must/Eye/eye_body_3top.html

https://www.santen.co.jp/ja/healthcare/eye/selfcheck/eyestrain/

よく噛んで食べると、いいこと一杯

誰が為に鐘はなる かあこさん

[toc heading_levels=”4,5″]

咀嚼の話

「食事のとき、食べ物を口に入れてから飲み込むまでに、何回くらい噛んでいますか?」

100回?50回?30回?20回?
即答できる方のほうが少ないのではないでしょうか。

どういうものを食べているのかで、噛む回数は異なってきますが、古代の人たちは現代人に比べると、何倍も噛んでいたそうです。

よく噛む、しっかり咀嚼することのメリットがは沢山あります。
生まれて歯が生え始めたときから、高齢になってたとえ義歯をいるようになったとしても、咀嚼はとても重要なのだそうです。

このような標語があります。

「ひみこの歯がいーぜ」
[su_label]引用[/su_label]『噛む8大効用』https://www.8020zaidan.or.jp/info/effect8.html

ひ)肥満予防

あまり噛まずに早く食べると、満腹中枢の反応が間に合わず、食べ過ぎに・・・。
しっかり噛むと、食後の基礎代謝が大きく上がるという報告もあります。
ダイエット効果、大きそうです。

よく噛む事で、ダイエットできた!
小顔効果があった!
肌がきれいになった!
などの報告も、散見されます。
肥満防止の(ひ)は、美容の(ひ)ともいえますね。

み)味覚の発達

よく噛むことで、素材本来の味をしっかりと味わえます。

こ)言葉の発達

咀嚼は、歯の上下運動だけという単純なものではありません。
よく噛むと、口腔運動器官(発声発語器官)の発達や退化の予防につながります。
話し言葉への影響だけでなく、高齢者では、嚥下障害(飲み込むことの障害)や嚥下障害による誤嚥性肺炎の予防にもつながります。

の)脳の発達

咀嚼の動きが、脳に酸素や刺激を送ることになり、子供の脳の発達や、高齢者の認知症予防につながります。

は)歯の病気を防ぐ

よく噛むと、唾液の分泌が促されます。
唾液は、口腔内をきれいにする働きや、歯の表面の状態を整える働きも持っています。虫歯や歯周病をふせぐことにつながります。

が)ガンの予防

唾液にふくまれる酵素には、発ガン物質の発ガン作用を抑制する働きがあると言われているそうです。
一口ごとによく噛んで、30秒以上、食べ物が唾液にひたる状態にするのがよいそうです。

い)胃腸の働きを促進

食べ物が大きいまま胃にいくと、消化にも時間がかかりますし、胃の運動も邪魔します。
小さくなっていれば、口の中でも消化酵素がよく混じり、胃から先の消化もスムーズになります。
咀嚼は、食べ物を消化するための第一ステップです。
消化の流れの中で、唯一人が自分で直接コントロールできるステップです。
しっかりと咀嚼すれば、胃腸の負担が減り、健康長寿につながります。

ぜ)全身の体力向上と全力投球

ここ一番でがんばりたいときは、ぐっと歯を噛み締めて力を入れますよね。
よく噛んで歯が丈夫であれば、必要な力も入れやすくなります。
運動などにも関係してきます。
ここ一番という特別な場面でなくても、結構、人は、歯を噛み締めている場面が多いです。
(噛み締めすぎも、別の問題につながりますけれど・・・)

冒頭に、何回くらい噛んでいますか?
と、質問させていただきました。

ぜひ、実際に、食事の時に、現状をカウントしてみてください。

あまり咀嚼せず、早く食べる習慣のある方は、
食べはじめの10口だけは、30回以上咀嚼する。
というようなルールから取り組んでみるのも一案です。

30回咀嚼すると、大体30秒程度はかかります。
「ひみこのはがいーぜ」の、(が)に出てきた、30秒以上唾液にひたる状態、というのもクリアします。

10口だと、はじめの10口だけで、5分です。

慣れたら、回数を増やしたり、食事中を通してよく咀嚼するなど、段階的に工夫する方法もありますね。

「自分に、30回以上咀嚼をさせるには、どうすればいいか?」
「出来ないとしたら、どういう理由なのかな?」
「では、その出来ない理由をつぶすには、どうすればいいかな?」
とあげていき、試みてみるのもおすすめです。

[su_label]参考[/su_label] 『噛む8大効用』https://www.8020zaidan.or.jp/info/effect8.html

健康で美しく!美と健康のためにできる事

塾生が夏休みの自由研究で「美と健康」についてまとめております。

毎日のLINEグループで、話し合いながら、またインターネットや書籍で

調べ 数値化したものを参考に、検証し その上で 具体的にはどうすべきか?

自分の生活にいかに落とし込んでいくのか?を事細かくレポートされています。

実践するためにはどうするべきか?あなたに近い習慣の塾生もいるかもしれません。

ダイエット、睡眠、腸活、マインドフルネス、食生活を健康を保つために

いかに習慣化させるようにしているのか?などなど。。。

ぜひ、↓このバナーのURLはブックマークを!みなさんにお役に立てる内容ばかりです!

[su_posts posts_per_page=”5″ tax_term=”26″ order=”desc”]

生活習慣の改善のための最初の一歩、楽しんで行う食生活の改善

誰が為に鐘はなる いなぽん
[toc heading_levels=”4,5″]

食事は人間が生きていくうえで、1日3回/1年で1095回、基本定期的に行っている活動の一つです。
この食事が、栄養バランスを欠いたり、偏ったりしていくと「健康」に影響し大きな病気への原因ともなります。
逆に言うと、食生活の改善、健康への習慣化が生活習慣の改善の最初の一歩となるのです。

体に良いと言われている食べもの、食材はたくさんあります。
何が何に効果があるのかを知ったうえで、目的に応じて摂取する食べ物を選定し、実践(毎日摂取)し継続していくことが大切です。
しかし、1つ1つの食べ物を摂取し継続していくことって大変ですよね・・
それぞれの食べ物の組み合わせ、掛け合わせによってさらに効果を高めることができる食べ物があるといいですよね・・
その1つがなんと「納豆」なのです!!

◆「納豆」の頼もしい主な栄養素

●ビタミンB群
→細胞の成長や再生を促す
●ポリアミン
→新陳代謝や老化防止効果
●カルシウム
→腸内環境を整える食物繊維、骨の健康に不可欠
●イソフラボン
→女性ホルモンのバランスを整える
●大豆レシチン
→肌荒れの改善に役立つ
●ナットウキナーゼ
→納豆から発見されたたんぱく質分解酵素で納豆にしか含まれない特別な栄養素であり、脳梗塞
や心筋梗塞の原因となる血栓を予防する効果がある
あの独特のネバネバ(納豆の糸)に含まれています

◆「納豆」を食べる時間帯

□朝食す
→タンパク質が熱を体内で作り、代謝アップ、冷え性予防などが期待
□夜食す
→タンパク質が寝ている時の成長ホルモンの材料となり、美肌を作るサポートをします。
また、血行促進の効果を期待するのであれば、血栓は朝方できやすいため、夜に食
べるのがオススメとのことです

◆「納豆」との組み合わせ、掛け合わせによる効果的な食べ方のご紹介

●納豆+玉ねぎ+オリーブオイル/高血圧予防
⇒「玉ねぎに含まれるポリフェノールの脂肪燃焼効果と、納豆に含まれるナットウキナーゼの血液サラサ
ラ効果が合わさって、高血圧予防になります。そこにオリーブオイルを足せば、オリーブオイルに含まれ
るオレイン酸が腸内環境を整えてくれます」

●納豆+ツナ/不眠解消
⇒「納豆に含まれるトリプトファンは、良質な睡眠をうながすホルモンであるメラトニンをつくるもとになり、
トリプトファンは、ツナに含まれるビタミンB6と合わさるとその効果がさらにアップ。鮭フレークでも代用
可能とのことです」

●納豆×キムチ/腸内環境の改善
⇒「キムチに含まれる食物性乳酸菌と、納豆に含まれる納豆菌が組み合わさり、善玉菌を増やしてく
れます。腸内環境を整えることで便秘解消による毒素排出、代謝促進が期待できます。
納豆と発酵食品の組み合わせは、相乗効果により腸内環境の改善にとても効果的です。
キムチ以外でも塩辛、豆板醤、塩麹などと一緒に食べるのもありです。

●納豆×黄身/腸内環境の改善/骨粗鬆症予防
⇒「根強いファンが多いこの組み合わせは、疲労回復やうつ症状の改善、また腸内環境改善に効果
的で、卵のたんぱく質と納豆菌の相乗効果で、腸内環境を改善し便秘解消が期待できます。
また、卵のビタミンDは、納豆に含まれるカルシウム吸収率をアップさせてくれ、納豆に含まれるビタミ
ンK2は、骨の形成を促進する性質を持っており、骨粗鬆症を予防する効果があり、ジャコやシラ
スなどカルシウムをたくさん含む食品と一緒に食べるといっそう効果的とあります」
※ただし、卵の卵白は混ぜないようにしましょう。
卵白に含まれるたんぱく質の一種であるアビシンと納豆に含まれるビタミンB群のビオチンが結合
すると、吸収されずに体外に排出されてしまうからです。

●納豆×ネギ/ダイエット補助
⇒「ネギに含まれるアリシンは、納豆に含まれるビタミンB1の効果を促進してくれます。
ビタミンB1は、糖質をエネルギーに変換してくれる栄養素の一つ。ダイエット時には積極的に摂
りたい栄養素です。」

●納豆×アボカド/美容効果
⇒「納豆」はたんぱく質をはじめ、鉄分やカルシウム、食物繊維など日本人に不足しがちな栄養が含ま
れており、アボカドはコレステロールを上げない不飽和脂肪酸と、美肌に欠かせないビタミンEなどを
豊富に含んでおり、お肌の調子が悪い日の夜に食べると、美容効果が随一と言われています。

●納豆×ショウガ
⇒「生姜を混ぜることで体が温まり、代謝が促進されやすくなります。」

●納豆×わさび
⇒「わさびにはからしにはないイソチアネートという成分が含まれています。これは、がんの予防効果に加
てアトピー性皮膚炎の改善作用がある。納豆に辛みをつけるならば、からしよりもわさびの方が健
康につながるとのことです!!

他にも、
◇血行促進効果が期待できるマグロ、ゴマ、シソなどをプラスして食べる
→血行促進やコレステロール低下などの期待値がさらにアップする
◇梅干し、ニンニクなどと組み合わせて食べる
→納豆のビタミンB1の吸収を高め、疲労回復に効果が期待
と組み合わせによって得られる効果は様々です。

日本は食品の種類の多さは世界2位で、健康寿命は世界1位とのことです!!
たくさんの食べ物の中から、目的に応じて様々な組み合わせの中から選択し、自分に合うものを探し、実践してみてはいかがでしょうか?
無理なく楽しく、継続していくことができるものが必ず見つかるはずです?
そして、二歩目、三歩目と歩みをしっかりと進めて参りましょう!!

[su_label]参考[/su_label] 

その食べ方、もったいない!効果が得られる納豆の食べ方教えます!
http://www.tv-tokyo.co.jp/plus/gourmet/entry/2017/014060.html

納豆に混ぜるだけ!納豆の栄養効能をアップさせる、一緒に食べると効果的な食べ物7選
https://latte.la/column/71336682

「納豆」本当の効能と最強の食べ方検証!
https://kaigo.news-postseven.com/8700

「食品種類多いと健康寿命延びる」研究結果、日本は2位
https://www.asahi.com/articles/ASL8K5FZRL8KULBJ00S.html

呼吸という視点から…対策としての習慣

誰が為に鐘はなる テルさん

【美と健康について】考えるにあたり呼吸についてのイチ調べから始めました。
呼吸から繋がる【ウォーキング】、健康食の観点から【ハチミツ】について取り上げます。
最後に数カ月を振り返りのまとめもございます。(個々の効用や詳細は、サイトをたどりご確認くださいませ。)

[toc heading_levels=”4,5″]

【ウォーキング】

ウォーキングは、呼吸を通して全身に酸素を供給しながら行う有酸素性運動です。
歩く時に、腹式呼吸を意識しつつ全身で大きく歩くことがポイントです。
肝心なのは、自分で楽しく続けられるような「少し歩けるタイミング」を日常の中にたくさん見つけることです。

○効果

続けることによって得られる効果は、

1.心臓が強くなる。
2.肺の働きがよくなる。
3.血管を丈夫にする。
4.筋力が向上する。
5.疲れにくい体をつくる。
6.脳の働きが活発になる。
7.ストレスの解消になる。
ウォーキングの習慣は、幸福感に影響するセロトニンの脳内分泌によりうつ病など心の病気も改善が期待できることは大変重要な事実です。
歩きながら別のことをする「デュアルタスク」の健康増進効果も実証されており、パフォーマンス向上に加え、認知症予防も期待できます。
例えば、ゴルフは最高の「デュアルタスクウォーキング」です。
正しいウォーキングのために腹横筋を鍛えると、その効果は良い事尽くしです。
腹横筋はインナーマッスルでありながら随意筋。自分の意識で縮めることが可能です。お腹を引っ込める運動をすればいい訳です。
ロングブレスダイエット。まさしくこれです。
ウォーキングで更にウエストのシェイプアップを目指す場合は、ウエストの筋肉をイメージすることがポイントです。

[su_label]参考[/su_label] http://beauty-porter.com/post/468

[su_label]参考[/su_label] https://womenshealth-jp.com/a-6-ways-to-tone-your-abs-while-you-walk-weightloss-exercise-20171002/

 

【ハチミツ】

ハチミツには驚くほど沢山の栄養素が含まれております。特に、抗菌作用・脳機能の向上について詳細お伝えさせていただきます。

○抗菌作用

グルコン酸という成分には強力な殺菌作用があります。喉に用いると、付着した菌が除去され、喉の調子を整えたり、粘膜の炎症を鎮めることで咳止めの効果を発揮します。また、胃の中にいる菌まで退治し、便秘解消へも効果が証明されております。口内炎にハチミツが効く、というのは日本でも昔から伝わる伝統です。消毒薬がない時の怪我にも、にハチミツが役に立つでしょう。

○脳機能の向上

先生のパワーの秘密を少ししれました。なんと、ハチミツには脳のエネルギーとなるぶどう糖が豊富に含まれているため、摂取すると脳の働きを促進するのです。ハチミツの主成分はブドウ糖と果糖です。これ以上分解されることがなく、体内への吸収が早く、素早く脳や体のエネルギーに変わって活動をサポートしてくれます。勉強し過ぎて疲れたときや仕事に集中したい時に摂取すると、素早くエネルギーをとることができます。スポーツをする人であれば、運動前、運動中、運動後とどのタイミングで摂取しても、優れたエネルギー源となります。

○注意点

①1才未満の乳児には、ハチミツを与えない。腸管(食物が胃で溶かされた後、その中の栄養や水分を吸収する器官。)がしっかりと発達していないため、ハチミツ中の菌に感染して乳児ボツリヌス症を発症する可能性があるからです。
②純粋はちみつを選ぶこと。ハチミツには純粋はちみつ、加糖はちみつ、精製はちみつの3種類があります。
沢山の効果効能を期待できるのは天然で添加物を含んでいない純粋のハチミツのみです。加熱処理されると本来の効果が発揮できません天然100%の純粋はちみつを選んでください。オススメは蜂蜜大国のニュージーランド産やイタリア産です。

○摂取の方法

空腹時にそのまま一日の始まりに摂取。
or
一日の終わり(就寝の一時間前)
睡眠の質を上げ成長ホルモンの分泌を上げる。

※ただし寝る直前まで食べたり、夜ご飯に炭水化物を過剰に摂取したりしてしまうのは×。寝る2~3時間前までには食事を済ませ、夜ご飯はなるべく炭水化物を控えるように。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は、【ハチミツ】を、1日3回(朝昼晩)を目安に毎日頂いております。
朝一でビタミンCと一緒だったり、はちみつレモンでです。効果を発揮するためなるべく空腹感のある時に摂るようにしております。
即効性があると体感があります。
まだ飲み物と一緒に飲んだ事がないのでこれからコーヒー、紅茶と試してみたいと思います。
【ウォーキング】については、ダイエッティングを意識するとハチミツ摂取量にも悩みがでてしまうのですが、男性も引き締まった腹筋は若さにつながりますしスーツの着こなしも立ち姿も自信に満ちたものになりますので、ちょこちょこ小まめに意識と実践をしております。

現代人をとりまくストレスとはどんなものかに始まり、蓄積されるとどうなるか?貯めないようにする方法等々探究心は尽きません。
ストレスの影響を心身が受けることは想像がつく範囲のことですが、とくに、視神経への影響があることは大きな問題です。
息を吸うと交感神経の働きが優位になり、息を吐くと副交感神経の働きが優位になります。
リラックスした状態を脳からつくり、利他の実践のための健康を怠らない。
より豊かな人生のため教えを実践する日々を1秒も無駄にすることなく生きる私達の思考を脳が支えています。身近な人との会話なども深いリラックスに繋がるようです。
家族、会社、あらゆる方たちとのご縁で支えられている今に改めて感謝です。
今後も美と健康に関する探求を続け、皆様と共に歩む未来に向かっての成長を願っております。

[su_label]参考[/su_label] http://tribialife.com/1713/

[su_label]参考[/su_label] http://www.tcnkenko.com/honey-2-6046.html

[su_label]参考[/su_label] http://www.pontederacondos.com/category/hachimitsu_eiyou/page/2/
[su_label]参考[/su_label] https://nurse-web.jp/kouka/effect-of-honey/

正しい【食事】の知識を身につけ、未来の自分達を守る‼️

誰が為に鐘はなる ゆきちゃん
[toc heading_levels=”4,5″]

なぜ太るの?   【肥満のメカニズム】

 私たちの血液中には生きるために普段からある程度のブドウ糖が存在し、血糖値が一定の基準(70~140)に保たれています。
※この水準が保たれず血糖値が上がり過ぎたり下がり過ぎたりしたら、命に関わります。
この【ブドウ糖の元となるのは糖質】です。
食物として口から摂取した糖質は全て、消化酵素によってブドウ糖や果糖に分解されます。
ご飯もパンも芋も、最終的にはブドウ糖に分解され血液中に放出されるのです。
 
このとき、糖質をたくさん摂取すれば血液中のブドウ糖が増え、血糖値が上がります。そこで膵臓からインスリンが出て、余ったブドウ糖をグリコーゲンに変えて肝臓や筋肉の細胞に取り込みます。これによって健康な人は、血糖値が上がり過ぎずに済んでいます。
 
しかし、グリコーゲンとして細胞が取り込める量には限界があり、さらに余ったブドウ糖は今度は【中性脂肪】になります。
これこそが肥満の原因です。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

つまり、
糖質を過剰摂取したことで余ったブドウ糖が中性脂肪となり、肥満な身体をつくる
血糖値が高い状態が肥満をつくる
血糖値を上げる糖質(≒炭水化物)を控えれば痩せていくのであって、カロリーと肥満は関係ない
 

ポッコリお腹はなぜへこまない?    【脂肪は簡単には燃えない仕組みになっている】

 健康な人が過剰摂取した糖質が、グリコーゲンや中性脂肪として蓄えられるのは、飢餓に備えた身体の仕組みです。
そのおかげで、なにかの時事で食事がとれなくても、水さえ飲んでいれば私たちは1ヶ月近く生き延びることができます。
 
食事がとれずに血中のブドウ糖が不足すると、まずは肝臓や筋肉の細胞に取り込まれていたグリコーゲンがブドウ糖に戻され、エネルギーとなります。それがなくなれば、脂肪細胞に取り込まれた脂肪がエネルギーとして使われ、一部はブドウ糖に戻されます。

つまり、
【中性脂肪がエネルギーに変わるのは後回し】であるから、一度溜め込んだお腹の脂肪はなかなか無くならないのです。
 

痩せるには運動でなく食事     【運動で減らせる体重には限界がある】

 ダイエットにはカロリー制限ではなく糖質制限が必要であるから、空腹に耐える必要はありません。
そして、よく言われる「運動をせずに食事制限だけでダイエットを行うと筋肉が落ちてしまう」というのはよっぽどの事です。
 
前項で説明した通り、食事で糖質を制限すれば、まずグリコーゲンが使われ、次にようやく脂肪が燃えます。
その体内の脂肪細胞に溜め込まれた中性脂肪が全て使われてしまったときにはじめて、私たちは筋肉のタンパク質からエネルギーを得るようになります。
つまり、ここでようやく筋肉が落ちてくるのです。そんなことは、山で遭難して何も食べずにいたようなときにしか起きません。
 
なお、運動をすれば筋肉がつき、【筋肉を増やすことで基礎代謝を高めればダイエットにつながる】という理論は間違っていません。
しかし、そこまで基礎代謝を高めるには、相当なハードトレーニングが必要で、それを維持するには十分なトレーニング時間が確保できなければ元の木阿弥となってしまいます。
 
運動をするなら、ウォーキングや階段の上り下りなどを20分も行えばいいでしょう。
とくに、糖質を多く摂取した後には運動しましょう。それによって血糖値の上昇を抑えられ、肥満を予防できます。
 

肥満は確実に寿命を縮める

 これまでに述べたように、血糖値が高い状態が肥満をつくります。肥満があらゆる病気の引き金になることはもはや疑いの余地がないもので、脳疾患や心疾患、がん、認知症など、怖い病気はみんな肥満と関係しています。
 
また、血糖値が高いことで免疫力が落ち、さらには「AGE」という悪玉物質が体の中でつくられ老化が進みます。
血糖値が高ければ、血管も内臓も、皮膚などの外見もボロボロになってしまうのです。
さらに、血糖値が安定しないことで、イライラ、眠気、倦怠感、吐き気、頭痛といった不快な症状も招きます。
まさに血糖値は、健康管理における最大のカギと言えます。
 
医学誌「ランセット」のオンライン版に、アメリカのハーバード公衆衛生大学院とイギリスのケンブリッジ大学の研究チームによる「肥満が寿命に与える影響」についての研究結果が発表されました。
1970年から2015年に行われた239件の大規模な疫学調査から、32か国1060万人のデータを解析したところ、肥満はさまざまな病気のもととなり、寿命を縮めることがわかったというのです。
重度の肥満者では、寿命が10年短くなり、2人に1人は70歳前に死亡する恐れがあると指摘されました。
 
具体的には、BMI(肥満判定基準)が5%上昇するごとに、心疾患系の死亡リスクが49%、呼吸器疾患の死亡リスクが38%、がんの死亡リスクが19%増加したそうです。
全体の死亡リスクは、BMI 22.5~25の「標準体重」のグループが最も低く、30~35の「肥満1度」で45%、35~40の「肥満2度」で94%、40以上の「肥満3度」では300%近く上昇しています。
注目するのは、BMI 25をちょっと超えた段階で、すでに死亡率の上昇が始まることです。
WHOでは、BMI 25以上を「過体重」、30以上を「肥満」と定義していますが、日本の場合、BMIが25を超えると糖尿病や循環器疾患の発症リスクが高くなることがわかっているため、25以上を肥満と扱います。
また、この研究では、女性に比べ男性の方が肥満による寿命への影響を強く受けることもわかっています。
 

毎日口に入れる「糖質量」を制限する

 糖質は炭水化物と言い換えることができます。
実際に「糖質◯g」ではなく「炭水化物◯g」と表記さ」ているものがほとんどです。
この糖質(≒炭水化物)は、ごはんやパン、麺類、イモ類、果物、ケーキや煎餅といったお菓子、清涼飲料水など、ビジネスパーソンが普段から摂取しているさまざまな食べ物に含まれます。
 
1日の糖質摂取量は、男性で1日120g、女性で110g以下に抑えるのを基準とすれば体重は維持でき、確実に体重を落としていくためには60g以下に抑えるのが理想とされています。
 
[su_note note_color=”#66ff6a” text_color=”#000000″]例) 白米ご飯1膳=55.2g
かつ丼(めし200g)=86.6g
ざる蕎麦(そば180g)=50.5g
食パン(6枚切)=26.6g
春雨(30g)=25.6g
フルーツグラノーラ(40g)=27.7g
豆大福(85g)=42.8g
ショートケーキ(95g)=35.5g
某缶コーヒー(250g)=24.5g
某カフェオレ(500ml)=44.5g
某サイダー(500ml)=56.5g
某野菜ジュース(200ml)=14.8g[/su_note]
 

血糖値は70~140に調整する 【安定した血糖値がパフォーマンスを上げる】

 こうした糖質を含む食べ物を摂取すれば、例外なく血糖値は上がりますが、上がり方はさまざま。
ごはんやパンなどの個体の方が血糖値の上昇が緩やかです。それは胃の中での消化に時間がかかるためです。
ところが、液体の場合、あっという間に胃をすり抜けて小腸へ届き吸収されるために、一気に血糖値が上がるのです。
 
健康な人の血糖値は、空腹時で80~90mg/dl前後。そこでごはんやパンを含んだ食事をとれば、1時間後に120位まで上がり、やがてゆっくりと下降していきます。こうした緩やかなカーブならばいいのですが、液体で大量の糖質をとると、とんでもないことになります。
 
液体の糖質は口にしてすぐに血糖値が上がり始め、30分後には血糖値がピークの140に急上昇してしまいます。
この急上昇した血糖値を察知した膵臓は、慌てて大量のインスリンを放出してしまうため、ジェットコースターのように一気に下降して、血糖値が低すぎる状態に陥ります。
血糖値が大きく下がると、ハイな気分から一転、イライラしたり、吐き気や眠気に襲われたりと不快な症状が出ます。
すると、「またあのハイな気分になりたい」とばかり、血糖値を上げる糖質が欲しくなり、同じことを繰り返してしまうのです。
これは「糖質中毒」という脳がおかしくなってしまった非常に深刻な症状です。
 
[su_label]参考[/su_label] 医者が教える食事術 最強の教科書  牧田善二 著
 
。*⑅୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧⑅*。
 
さて。
ここからは自分の経験と、継続している食事の自分ルールについて記載します。
 
上記の糖質中毒と低血糖状態は、まさしく自分の事でした。お菓子が大好きで特に甘ぁい砂糖が大量に入ったお菓子を毎日食後に食べ、食事も炭水化物から先に食べており、血糖値の事など知る由もなく…日々の眠気は立ったまま眠れるくらいの重度のものでした。
そして、ストレスや薬の副作用によって、短期間で体重が5キロも増えてしまった私にはもってこいのダイエット法であり、医学的な知識を元に学んだため、【なぜ?】が解決されていき、理論がある状況の中で進めていくため、納得感のある実践となりました。

 3週間で約4㌔のダイエットに成功

 ①炭水化物はなるべく摂らない

【糖質摂取量60g以下で確実に体重は落ちる】
その代わり、野菜や豆類、肉や魚をたくさん食べても良いので、空腹を我慢することはありませんでした。

 ②食事の食べる順番を変えた。

サラダ(野菜、海藻、豆類)→肉や魚→炭水化物(糖質)で、糖の吸収を抑えました。
※15分以下の早食いの方は当てはまりません

③冷蔵庫の前に体重計を置き、毎日、朝と夜に計って記録した。

食材のほとんどが冷蔵庫に入っています。その前に体重計を置くことでダイエットを意識せざるをえません。また、冷蔵庫のあるキッチンだけに食べ物を置きました。
毎日記録することで、確実に減っていく体重のグラフを見てヤル気が起きます。
※私の家では移動するのに必ずキッチンを通る動線となっている事も継続的な意識をせざるを得ない環境となりました。

④身近な人と一緒にダイエットをした

身近な人と共に実践することで継続しやすい環境となります。1人で継続することは難しい時も出てきます。ですが、身近な人と一緒にやる事で、励まし合い、食事にも気をつける意識が持てます。「少しくらい良いか」や「ダイエットしなくて良いかな」と甘えた感情が顔を出してしまうことを防ぎます。

⑤ 大好きなお菓子はやめた。

体に毒だと認識しました。食べるとしても一口だけ。ただし、カカオ70%以上のチョコレートなどの健康食は(タイミングを計って)積極的に摂ります。私はお菓子を戴く機会が多いので、欲しい方にあげたり、職場の方のお茶菓子用に持っていきました。

⑥目的・目標を設定した

「以前より太ったな」と認識され始めていたので、周りの方からの見た目を良くすること。そして、成功させたら有益な情報として身近な人に渡せることを目的、目標としました。
ダイエットする(標準体重範囲内)こと、食事に気をつけることは健康になる事です。
健康は利他の根本だと、先生から教わりました。

⑦継続するための日々の意識化

上記の項目以外に継続するためにした事は、毎日情報に目を通し、それに付随する新しい情報も得ていったことです。そうやって知識を得ていくことでワクワクするようになっていき、美意識・健康意識も高まっていきました。
 

糖質中毒、低血糖状態に陥らない為に 【血糖値を急上昇させない為に】

 ①まずは、サラダやヨーグルト(無糖)または青汁を飲んでから、食事の準備をしました。
そうする事で、胃の中にクッションができ、糖の消化吸収・血糖値の上昇を遅らせることができます。
 ②炭水化物を食べる順番は、最後です。それまでにお腹を膨らませる事で、炭水化物を摂る頃には満腹中枢が刺激され、完食しづらくなっていきます。そうすると、食べきれる量を用意するようになり、次第に炭水化物の量が減っていきます。
※減らすのは糖質と炭水化物だけ。
 ③血糖値の急上昇を抑えるため、パンやパスタにはたっぷりのエクストラバージンオリーブオイルを和え、ご飯には玄米や麦を混ぜて良く噛むようにしました。
 ④1日に摂って良い炭水化物(糖質)の量を決めました。また、なるべく夜の摂取は控え、昼に重点を置きました。
 ⑤血糖値を下げる食材、飲料を摂取しました。
 ⑥ジュースや清涼飲料水の摂取を一切やめ、水やお茶・ハーブティーの水分を1日2ℓ以上こまめに飲むようにしました。
 

ダイエットその後…

 炭水化物を1日2回に増やし、ゆるやかな体重低下により、増えた体重5キロは1ヶ月半で元に戻りました。始めてから2ヶ月半たった現在もこの食事療法を維持しており、さらに1キロ体重が減量しました。
BMIは、ダイエットする前が22で、現在は20です。体重計測も毎朝続けており、体重キープを心がけています。
 [su_note note_color=”#66ff6a” text_color=”#000000″]標準体重 = 22 X 身長(m) X 身長(m)
– 日本での評価 –
BMI 判定 18.5未満 低体重
18.5~25未満 普通体重
25~30未満 肥満(1度)
30~35未満 肥満(2度)
35~40未満 肥満(3度)
40以上 肥満(4度) [/su_note]

健康な食事の自分ルール(血糖編)

 ●飲料
水、レモン水、青汁、茶、ハーブティー、コーヒー(挽きたてブラック)のみ。
 ●その他
オリーブオイル(エクストラバージン)、ヨーグルト(無糖)、納豆、チーズ(ナチュラル)、チョコレート(カカオ70%以上)、ブロッコリー、ブロッコリースプラウト、ブルーベリー、レモン、野菜、きのこ、海藻、ナッツ類、ワインなど…
 
※これらの食材は医学的に健康に良いものとされている中から私が選択したものです。
逆に、食べないと決めたものもいくつかあります。
 
。*⑅୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧⑅*。
 ★知識を持って食材を選択する
体と相談して何の栄養素が必要なのか。
その食材にはどんな効果があるのか、どう摂取すれば効果的なのか、逆に無効化してしまう食べ方は何か。
などと、どう選択するのか…情報が有る・無しで健康にも大きな差になります。
[su_label]参考[/su_label] 【老けない人はこれを食べている】 牧田善二著 (一部参照)  
①高カカオ成分のチョコレート (カカオ分70%以上)
●高い抗酸化、抗炎症作用
●動脈効果やがんも防ぐ
●毛細血管の血流を良くして冷えやむくみなどを改善
●ビタミンE、ナイアシン、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、リンなどのミネラル類や食物繊維も豊富
●高いアンチエイジング効果
●骨粗鬆症予防
●脳を活性化 ※目安:1日30~50g程度  
②エキストラバージンオリーブオイル
●美容と健康に関して万能
●皮膚の細胞膜をしなやかに保ち、肌を柔らかく艶やかにする
●抗酸化、抗炎症
●悪玉コレステロールを減らす
●動脈硬化を防ぐ
●腸の働きを活発にする
●ダイエット効果  
③ブロッコリー
●美容と健康のスーパー野菜
●高い抗糖化作用や解毒作用
●高い抗酸化作用 ●老化の元凶AGEを防ぐ
●肝機能アップ ●むくみや便秘の解消
●がん予防
●貧血予防
●美肌効果
●代謝アップ  
④ブルーベリー
●昔の肌に戻す驚異の再生力 肌の老化を防ぐだけでなく、AGEの蓄積によってできたシワやたるみ、くすみが気になる肌を以前の状態に戻してくれる
●網膜の血流を良くし、目の疲れや視力の低下、白内障などの目のトラブルに効果あり
●抗糖化、抗酸化作用  
⑤キウイフルーツ
●栄養素の高さから【フルーツの王様】と称され、健康効果の高い食べ物として中国に古くなら伝わる
●果物の中でビタミンC、Eがトップクラス
●抗酸化力が強く、活性酸素の攻撃から細胞を守る
●高い美肌効果
●摂り過ぎたナトリウムの排出を助け、むくみや高血圧を防ぐ
●食物繊維はバナナ2本分
●代謝アップでアンチエイジング  
⑥アボカド
●食べる美容液と呼ばれる高い美肌効果とアンチエイジング力
●若返りのビタミンといわれるほど高い抗酸化作用を持ち、細胞の老化を防ぐ
●肌を乾燥から守る
●美肌つくりやダイエットにもってこいの食材
●糖質を脂肪として溜め込むのを防ぐ
●血液さらさらで動脈硬化予防
●コレステロール値や降血圧作用
 
最後に…
身体の健康は食事でつくられます。
私たちの身体は、過去に食べたものによって今の状態となっており、今日の食事が未来の健康に影響します。
日々の継続した正しい習慣が、未来の私たちの健康をつくります。
知識を持って、日々継続して実践していくことで、ようやく健康が手に入り、自分はもちろんのこと、大切な人も守れるようになるのですね。
 ※情報は日々更新されますので、決めつけずに正しいものを選択していき、間違ったものは改めていきます。また、情報に惑わされず、バランスや限度も大切なことを念頭に置いて、気張りすぎてストレスのないように自分ルールを作っていきます。
 
以上です。