【勉強会・LINE講義の振り返り】一生に一度くらい死ぬ程のことをやれ!

塾生のテルさんの明文化をご紹介いたします。

トシ先生より

自己資産の運用はとても大切なことであり、全ての選択の権利の行使に結びつく


🔴勉強会、line講義の振り返り
10/ 19 勉強会より

【一生に一度くらい死ぬ程のことをやれ!】

経営をして、死ぬ思いでやるくらいの士気がないと将来はあるはずがない。

苦しみもがいて地団駄を踏んでやらんことには、、
絶対に大きくなる事はない。

それは何でか、、
→周りが認めないからである。

先生が、自分の中で最大のリスクだと思っているのは、
周りがどのように評価してくれるのかという事である。

ええ時は、「ええよええよ。」と言ってくれるが、
何かでこけた時に、、
手の平を返したように責め立てる。。

そこの社長と入魂であったとしても、、
そんなものは何も関係ない。

【己かわいさ】

【昨日の味方は今日の敵】
平気でそうなる。
それは世の中の常である。

絶対に理解しておかないといけない。

周りの人から、、
【あいつはどんなことがあっても絶対に蘇ってくる強い奴や】
と思われていると、

→見捨てられることはない。

金の世界は簡単な世界ではない。
周りの人の評価はもっとドラスティックな世界である。

【周りがどういう風に自分を捉えるか」
ということを常に意識していないといけない。
→脇が開くとそこからつけ込まれる。

先生の会社では
一事業を起こす時、、
会社全体、グループ全体で捉える。
→当然、自分達で一から十まで組み立ててやる。

これまで新規事業に失敗した事はない。
厳しい新規時事業でも達成してきた。

それは何でか、、
→社員がその気運を持っているからである。

小さい組織で適当なことをしていてはうまくはいかない。
社員が、こんなもんやと思い始める。
→新しいことをする時に誰も何も出来ない。

気持ちの中でマイナスを与えていく、、
→それは経営者が悪い。

【生みの苦しみを知らない奴が育ての苦しみを知るはずがない。】

一つの事業を立ち上げて大きくすることがどれだけ大変なことか、、

もっと大事なことは、、
恒久的に続かなければならない。。

会社をやっている。
→常に脇を締めるべきである。

ルールを決めてルールの範囲以外のことは逸脱してはいけない。

先生の会社の社内ルール、、
何かをする時にコネを使うは絶対しない。
間違いなく自分たちで拓く道を模索する。
→そうしていかないと社員の士気が下がる。
いざという時に動けなくなる。

それは怖いことである。

創業家、、
会社の憲法を決める。
絶対権力である、と社員は知っている。
しかし、、創業家が一番働く。
なおかつ遊びもしない。
自分の趣味では行かない。全部用事や仕事に関わる。

創業家の立ち位置を明確にする。

ある日突然上場を廃止した。。
それを聞いた下の連中は悔しかっただろう、、
ここまで頑張って上場まで持ってきてあと3ヶ月もしたら申請期に入れる、、
野村證券から合格点をもらい、最近の中でも最大の上場であるであろうと思われていた。

お子さんが生まれて上場を辞められた。。

その時、社員さんは、、

【ここで辞めたことは、将来の自分たちに関わる選択肢が変わったのであろう、、】
と思っただけであった。

ここまで頑張ったことは良かったということで本人達は納得した。
→先生はその勢いを捨てさせたくなかった。

グループ全部で上場できる体制をとり、12年間でほぼ上場ができる体制ができた。

今まで続いてきている。。
それは士気を落とさないため。。

自分たちの前に立ちはだかる壁は潰すのが早い。

もっと言えば、、
【壁になる人を作らなければ良い。】
ということである。

断る、、
主観でやってはいけない。

今日は体調が悪いから断る。
今日は用事があるから断る。
→それはダメである。

そこに目的があるのであれば、
それを聞いた上で時間的な余裕が無いならば、、
その対応をする必要がある。
→一概に断るはしない。

断るは難しい。。

誘われないようにするのも大事である。
→初めから断らなくても良い。。

という考えでやっていく。。

それは周りから見た時に、、
私がどう観えるかということを考えながらやる。

好き嫌いでやっているように思われるのは✖️

断る力、、
断るというのは凄いエネルギーが要る。。

初めから断らなくて良い形を、、
→自分でルールを作って判断する。

誰に対しても平等であるという形を取らないといけない。
この人とは行ってこの人とは行かない、、は避けたい。。
(誰とでも行くはしない。)

断る力、、、
これは大事なことである。。

断る力は主観でやってはいけない。
そのためにはルールが要る。
主観ではないということは、、
→ルールがあるということ。

ルールは滅びないためのルール、、

常に周りの人が常に自分のことをどう思っているかを考えながらやらないといけない。

雑音も合わせない、、
カットすることではない。聞いてあげる必要性はある。
→ただそれに合わせる必要はないということである。

あの人は初めから聞いてくれない、、
→誰も意見を言わなくなる。

自己資産、、(不動産資産だけでなく、自らの美と健康、そして思考を磨く自己資産)
自分自身を磨くということは、自分の持っている資産を増やしているということである。

玉の輿、、自己資産を増やしたことによって玉の輿になった。。

自己の資産を増やして行くという考え方はとても良いことである。

相手に対して自分がどう映っているのかをきちんと考えて行動して行かないと、、

経営者、、周りには沢山の利害関係の人がいる。
警戒心を持って脇を締めて付き合っていないと。

どのように映るか、どのように捉えられるか、、

相手の心の中は解らない。。

誉め言葉語録

グループ活動の中で実践されていた

相手をほめる という事

これを 頭文字 50音で作成したグループより

PDFにされており両面印刷するとA5サイズの小冊子にすることが出来ます。

各自で書き込みなど出来るように、余白も多めに。。。

あなたの生活の中に ぜひ活かしていただき、相手を笑顔にしてあげてください。

[su_document url=”http://yurika-hoshiyomi.com/wp-content/uploads/2018/07/51d387555713d8f6094692bc637d841c.pdf” width=”500″ height=”700″]

↓ダウンロードはコチラ

誉め言葉語録 

 

笑顔とコミュニケーション

昔アラスカに冷蔵庫を売りに行ったサラリーマンが、1人は土地が冷蔵庫みたいだから冷蔵庫は売れませんと断念して、1人は土地が冷蔵庫みたいだけれど、年を通して食料を保管しておくには冷蔵庫は重宝だと考えてアラスカでめちゃくちゃ冷蔵庫を売ったサラリーマンがいる。考え方や捉え方を変えるだけで、1人目は初めから売れないと既成概念で決めつけた。もう1人は、それでも売れるのではないかと試行錯誤して沢山の成果を出した。面白いね

 

――先生ありがとうございます。視野を広げること、目先だけで判断しないこと、そして既成概念に気をつけることで全く結果が違いますね!知らないでいる怖さも知ります。

そう、一番は知らない怖さだね。

――知らないと考えないし、もちろん行動もしないし、そもそも気がつきません。塾の環境は本当に有難いです!!

――岡ちゃん、お客様とのお話のシェアありがとうございます。見方が変われば180度意識も変わりますね。知る事で既成概念から突破するキッカケにもなりそうですね。知る事の大切さを今一度感じていきたいと思います。先生、ご教示いただきありがとうございます

――リーダー、バテバテですね?何せ暑さが暑さですものね(汗)お疲れ様です。

――岡ちゃんの日常でのお客様との会話の中にはいつも新しい発見がありますね~。

お客様もポジティブな岡ちゃんの影響を受けていらっしゃるのではないっすか?

何せ笑顔です~⤴

――先生のお話のアラスカは、イメージすると冷たい冷えてるの度合いがいっしょくたになりがちですが、よくよく状況を観てみるとほどほどに冷える調節機能って現地の自然の中には無いですものね。

――先生、アラスカでの冷蔵庫を売るお話ありがとうございます。「過去(通常)はこうだった」ではなく、状況をよく観て、目的に沿って信頼できるソースからの情報集めと分析をすることで、既成概念が原因の『知らないまま』の状態から抜け出せるように精進いたします。岡ちゃん、お客様とのやりとり、いつもありがとうございます。岡ちゃんのお客様も考え方、捉え方を変えられたのですね。どう変わるかは、日頃の岡ちゃんとのやりとりが一つの指針となっていらっしゃるのかなぁと、ご自身の変化を笑顔で岡ちゃんにお伝えされている場面を想像しつつ、思いました♥∗*゚つちぽんさんの投稿はおまとめみたいになっていて、読ませていただくだけで、前後のお話を整理して理解できることが多いです。ありがとうございます。

 

イメージ戦略も大事ですよ!今週は弊社の相談役、元CEOのガメラと一緒に仕事してます。先程、重盛執行役員と会話していて下記の話をしました。

人は八方美人が本音。しかし、それでは、自分のやりたいことが出来なくなり、最後には八方美人であるが故にお粗末な結果を招く。

だから、全ての人に良い人だと思われることは良くないことだと言う話。

感情を露わに感情を煽られている状況では絶対に物事の判断はしないこと。冷静に対応しながら少しでも疑問があれば納得が行くまで説明してもらうことが重要だ。

他人から不自然な利益供与の話は、不利益を被るが故に、自分の利益は考えぬこと。一石六鳥であり自らの利益は最後の残り物で良い。

人にとって大切なスキルの1つが情報収集力とアナライズ。

周りの意見に対して、また大衆の意見に対して、必ず批判的な目を持つこと。特に相手が急に態度や行動を変えたなら、そこに虚偽や欺瞞がある。

目の動きをしっかり見なさい!

弊社内での立ち位置は別として、クライアントとの打ち合わせには必ず上記の事を心得て当たりなさい。騙される人の行動学を踏まえて、確固たる立ち位置を備えるための当たり前のことだと言うこと。

例えば、見た目で人は判断します。それがほとんどの場合当てはまる。故に、それを利用してこのように思われたいと言うイメージを作り出し見た目を合わせると言うやり方もある。真面目なタイプ、少し遊び心があるタイプなど周りから見ての印象が普通であるなら、それを覆す服装など心掛けるべきだと言うことです。いつも同じイメージでは、何も始まりません!特に初対面の時にはそのような意識が必要です。第1印象はなかなか有効な手法ですね。

その為には笑顔が大切です。

問題は意識した笑顔はお粗末であり、常日頃から自然な笑顔を出せる訓練が必要ですね。

また服装の色にも気を配る必要があり、アメリカ国旗の白は清潔で上品、永遠のイメージ。紺色は冷静さや賢さ、男らしさ。赤は言うまでもなくネクタイなどに使いますが、情熱ですね。また、緑は安定と調和、黄色は希望と光、紫は高貴と欲求不満など色彩もとても大切な戦術です。

だから、逆に自分自身を振るわせる為に赤を着てみるのも必要ですよ。赤いネクタイ、赤いメガネはそんな時に有効ですね。逆に黒は唯一無二の象徴とでも言いますか!

故に、プレゼンの時など、スーツの色は拘れと話があり、強く押し切るなら黒だ。相手に知性を見せつけながらぶっちぎるには青だな。

相手から情報を聞き出したいなら黄色を使えば良いとの話でした。

こんなところにも弊社のコミュニケーション力のこだわりがあります。